岩本利達
BE-PAL3月号はogawaコラボで「肉も焼けるステンレス焚き火台SOLO」が特別付録

BE-PAL3月号はogawaコラボで「肉も焼けるステンレス焚き火台SOLO」が特別付録

毎回豪華な付録でキャンパー心を刺激してくれるアウトドア雑誌のBE-PALが2023年2月に発売した「BE-PAL3月号」でまたまたやってくれた(いい意味で)。今回の付録は「肉も焼ける“ステンレス”焚き火台SOLO」で、日本の老舗アウトドアブランドogawaとコラボした逸品。BE-PAL付録史上最大の焚き火台という事もあって、注目が集まっている。

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

網付きでお肉が焼ける

bepal202302 (6)

今回はこれまでのBE-PAL付録となった焚き火台の中で最大のサイズに。基本的にはネイチャーストーブとして、小枝や松ぼっくりなどを燃料として焚き火を楽しむものだが、天面に設置できる専用の網が付属しているので、お肉を焼くことができるのである。

アウトドアでお肉を焼くといえば鉄板のイメージもあるが、余分な脂を落としながら直火で焼き上げるのも良い。燃料となる小枝から出る煙で燻されるのもあって、アウトドアでしか味わえない何とも言えない香りも楽しめる。

鍋やフライパンも使える

bepal202302 (7)

材質はステンレスの為、それなりの耐荷重はありそう。BE-PALの情報によれば焚き火台より一回り大きい鍋やフライパンも使用できるとのことなので非常に便利だ。ただし、直火対応OKのものにしないとコーティングが剥げるなどエライ目に遭うのでご注意を。

普通の焚き火台も魅力だが、これくらいのサイズで調理などを完結させるミニマルなキャンプもカッコいい。最低限の必要な装備に挑戦してみてはいかがだろうか。

キャンプに行きたくなる大特集も魅力

bepal202302 (10)

例によって本誌の特集も力が入っており、付録だけでないのもBE-PALの魅力。

大特集は「絶対行きたい!次世代キャンプ場」と題して、こだわりが光る個人開業のキャンプ場や、異業種ならではのおもてなし方法が斬新な異業種参入型キャンプ場、そして地域活性化も狙える遊休地活用のキャンプ場など、合計で57施設にも及ぶ大ボリュームで紹介していく。

お値段なんと1,200円

BE-PAL2023年3月号

ほかにも小特集として、パッと見では違いが分かりづらいポータブル電源の選び方があったり、付録の焚き火台と関連した「ホットサンドメーカーVSメスティン  ソロ焚き火料理入門」という企画があるなど、キャンパーとしての知見も豊かになるものがラインナップ。

これでお値段1,200円は非常にお買い得。重量感や詳しいスペックは不明だが、書店で見かけたら必ずチェックしておこう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • NCAJキャンプインストラクター/JACオートキャンプ指導者
    『子どもを育む場としての「キャンプ」こそ持続可能な社会の第一歩』をテーマに、環境意識やサバイバル知識を高めるために日夜活動。ガジェト/ギアマニアの視点から最新アウトドアニュースをお届けします。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂