キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

主婦キャンパーがキャンプデビューする時に揃えたおすすめギア5選

snow peak「アメニティドームM」
はじめまして!2018年にキャンプデビューした主婦キャンパーのraikoです。

夏が近づいてきましたね〜。アウトドアファンの皆さんは、キャンプに行きたくて足がウズウズしているんじゃないでしょうか?私も新作テントやチェアの展示を見ると、誘惑に負けてついついギアを買い足してしまいそうになります。もし買ったら、置き場所がなくて困る未来が目に見えているので、グッと我慢の毎日です。

さて今回は、私がキャンプデビューをする時に揃えたおすすめのギアを紹介していきます。小学生の娘二人を連れて行くことを想定して、家族みんなが使いやすいことを重視した大切なギア達。「素人がこんなの買ったんだ〜」と、暖かい目で読んでいただけると嬉しいです!

raiko

漫画を読んでキャンプを始めたミーハー主婦キャンパーです。インドア派オタクをアウトドアに連れ出してくれたゆるキャンに感謝!夫・小学生の娘2人と一緒にほんわかビギナーキャンプを楽しんでいます。

ビギナー主婦キャンパー愛用のおすすめギア

私はキャンプを始める以前、子供達と公園へ行くのも面倒に思ってしまうような、猛烈なインドア派でした。ところが、本屋さんに平積みされていた可愛らしい表紙のマンガ本を手にした事がきっかけで、キャンプへ憧れを抱くようになりました。

そのタイトルは、言わずとしれた大人気漫画「ゆるキャン」。ビギナーキャンパーの主人公なでしこちゃんが、部活の仲間と一緒に成長していく青春ゆるふわ漫画です。テンポが良くコミカルで読みやすくいですよ。未読の方はぜひどうぞ!(布教)

夜空を見上げながら夕食を取ったり、疲れた体を癒やすために温泉で汗を流したり。ゆるキャンを読んで、自然の中で豊かな時間を子供と一緒に過ごせたら、どんなに幸せかと想像を膨らませました。

キャンプに行ってみよう!と思い立ったものの、何を準備したら良いのかわからず、まずはアウトドア本を読みあさりましたが……。そこで初めて、シュラフの存在を知りました。今思えば当たり前だけれど、当時はテントさえあればなんとかなると思っていたのです。

テントを筆頭に、家族分のチェアやシュラフなど一通りそろえました。その結果、購入総額は30万円!キャンプは貴族の遊びなんですね!うかつに手を出すと家計は火の車だぜ!!

というわけで、数ある愛用キャンプ用品の中から、とくにお気に入りのギアを5つご紹介します。

snow peak アメニティドームM

13-snowpeak-amedo

最初に購入したのはこちら、超人気テントのアメニティードームM(snow peak)。キャンプ場にいけば、あちこちにアメドを見かけますよね。

自宅近くのsnow peakショップへ遊びに行ったところ、アメニティードームが展示していました。内装の広さや雰囲気を直接見ることができました。その場で無料の設営講習を受けれましたし、めちゃくちゃサービスが良くて感激!フロアシートからペグまで、テントを建てるために必要な道具が全部入っているスターターセットが、ちょうどリニューアル発売されたタイミングだったようです。

まず見た目がオシャレ!全体像がコロンとしてて可愛い!初心者でも簡単に組み立てるように道具が色分けされてて親切!しかも、店員のお姉さんが美人!

他のテントと比較もせずに即決し、同じ素材で作られているタープも購入しました。テントを手に入れるまで、「本当にインドアな私達家族がキャンプできるの?今ならまだやめられるよ?」などと思っていましたが、この時に腹をくくった感じですね。ありがとうアメド!

alite カルパインチェア

13-yn21601-2

チェアは、家族で各自が好きなものを選ぼうと決めていました。焚き火のそばでゆったりとチェアに座り、淹れたてのコーヒーを飲む。これが理想図なので、絶対に気に入ったチェアじゃないと嫌でした。

私は実物を見て買わないと気がすまないアナログ世代なので、何件もアウトドアショップをめぐって、最終的に決めたのは「カルパインチェア(alite)」。ボデカブルーという暗めの水色と蝶をあしらったロゴが、んもうツボ過ぎて大好きです。

13-yn21601-1

ちょっと残念なのは、組み立て方に癖があるところですね。脚の骨組みが変わった形をしているため、上手くはめられず完成に時間がかかってしまいます。ケースの内側に組み立て手順を書いてありますが、あまり助けにならないんです。とはいえ、見た目と座り心地が良いので満足しています。

LOGOS ピラミッドグリル EVO-L

13-logos-takibi

キャンプに行ったら何がしたいか?と考えてみたら、野外炊事や森の散策も楽しみだけど、やっぱり一番やりたいことは焚き火でした。

昔は近所のお宅の庭で焼き芋を焼いてもらったけれど、今では焚き火なんて滅多にやれないじゃないですか。くすぶった火が少しずつ大きくなって、パチパチと燃え落ちる。哀愁ただよう焚き火に、強いあこがれを持っているわけです。

焚き火台もたくさんあって迷いました。購入したのは、三角ばったフォルムが素敵な「ピラミッドグリル(LOGOS)」。炭を炊いて思い出の焼き芋も焼けますし、網をひけばバーベキューもできます。最後は薪を組んでファイヤー!!

焚き火って上手く燃やすのが、実は難しいんですね。火の担当はもっぱら夫ですが、子供達にも薪を組んでもらったり、内輪で火を煽ってもらったり、お手伝いをさせています。火は怖いだけの存在ではなく、生活する上で大切なものなんだと、実感してくれてると嬉しいです。

Coleman CPX 6 リバーシブルLEDランタン

13ーcoleman-cpx6-1

ランタン選びは夫まかせでしたが、炎の明かりがレトロなガスランタンと、室内で使っても安心のLEDランタンを購入しました。どちらも気に入っていて、とくにテントの中で逆さ釣りができるCPX 6が便利だと思います。

13ーcoleman-cpx6-2

夕食後、子供たちだけ先にテントに戻って3DSやカードゲームをやる時に、テント内の照明として使用しています。ガスランタンのように熱くならないから、火傷の心配がなくて安心ですね。

それと、350ルーメンというパワフルな明るさで、夜トイレへ行く時に足元をしっかりと照らすことができます。テント内では、夜中に真っ暗で子供達が怖がらないように、暗めにつけたまま就寝しています。

mont-bell ファミリーバック#3

13-1121189-1

シェラフは迷いましたねー。夫は一人で寝るとして、次女がまだ私と一緒じゃないと寝られない、甘えん坊さんなんです。じゃあ二人で一緒に寝ると言ったら、長女が間違いなく拗ねてしまうので。でも、3人で一緒に寝られるシェラフなんて聞いたことないし……。

と思ったら、見つけました「ファミリーバック(mont-bell)」。もし子供と一緒に寝られるシェラフを探している方がいたら、ぜひおすすめさせてください!

13-1121189-2

2辺をファスナーでぐるりと囲み、筒状にするシェラフです。そして、ファスナーをフルオープンして2枚重ねると……。あら不思議、1枚の大きなシェラフとして使えちゃう優れもの。サイズ的には、身長130cmと110cmの娘と、160cmでムッチリとした主婦の私が入っても、余裕があります。子供が成長してきたら、シェラフを独立させて、一人ずつ寝かせる予定です。

ファミリーバックは3種類あり、季節やキャンプ場の気候によって、適応温度を選ぶことができます。我が家は、真冬のキャンプに行かない予定なので、快適睡眠温度域 7℃の#3を購入しました。寒い時期のキャンプがお好きなご家族は、-1度まで対応の#1もありますよ。

ミーハーキャンプでもメチャクチャ楽しい!

ビギナー主婦キャンパーのおすすめアイテムをご紹介しました。どこのお店でも売ってる、キャンプ好きなら誰もが知っている定番ギアばかりだったと思います。もっとキャンプをやり慣れてきたら、「あの頃は何にもわかってなかったなぁ」なんて、恥ずかしくなるかもしれません。

こんな風に型から入ったキャンプデビューでしたが、ハッキリ言ってメチャクチャ楽しいです!

直感的にピーン!ときたアイテムに囲まれて、のんびり焚き火のぬくもりを感じていると、生きててよかったと心から思います。子供たちも、普段できない山や川での自然遊びを堪能して、寝付くまでずっと笑顔ではしゃいでくれます。まさにプライスレスな体験です。

お気に入りのアイテムを引き連れて、ミーハーキャンプにどんどん挑戦していきまーす!

漫画を読んでキャンプを始めたミーハー主婦キャンパーです。インドア派オタクをアウトドアに連れ出してくれたゆるキャンに感謝!夫・小学生の娘2人と一緒にほんわかビギナーキャンプを楽しんでいます。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top