キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

【キャンプツーリング初心者必見】バイクで行く春夏キャンツー装備紹介

こんにちは!4月に入りどんどんポカポカ陽気の日が増えてきましたね。コロナウイルスの影響で、外出自粛の毎日ですが皆様はいかがお少しですか?一日でも早くウイルスが収束して、皆様がまた楽しくキャンプができるようになることを願います。

今回は、ゴールデンウイーク、夏にキャンプツーリングを企画している人必見!初心者向けキャンツー装備の紹介をしていこうと思います。

初心者向けのため、リーズナブルかつ扱いやすくメンテナンスもお手軽な装備も沢山あるのでぜひ参考にしてみてください!

ポン太

国内外をバックパックことが趣味な大学生。最近キャンプの楽しさに気付く。ストイックな旅行が好き。

快適なキャンプツーリングのための装備とは?

S__161309055

キャンプツーリングには必要最低限(テントと寝袋)の装備があれば大丈夫という方もいるかもしれません。実際、私もそのようなストイックなキャンプは好きです。しかし、装備を揃え快適なキャンプを味わった時に気付いてしまいました。道具が揃っている快適なキャンプツーリングは、本当に楽しいです!!必要なグッズがあるだけでとても濃い時間を過ごすことができます。

なので今回は、キャンプにどんなギアを持っていけばいいのか困っている方に、快適な春夏キャンプツーリングを行うための装備を紹介していこうと思います。

ツーリング用バッグ

S__161309068

まず初めに装備を詰め込むバッグを紹介していきます。筆者がおすすめするツーリングバッグは、ワークマンの「メガボストンバッグ」です。容量が70Lのうえ、コスパが最強なんです!!

なんとお値段…1,900円!

バイクメーカーのツーリングバックは10,000円~15,000円がほとんどですので、どれだけ破格なのかがわかりますよね。もちろん、バイクメーカーのツーリングバックは高価な分、機能性(脱着可能、防水機能、デザイン性)に優れており、バッグをバイクに簡単に固定できたりします。

メガボストンバックの場合、バイクに固定するのに工夫と他のアイテムが必要となってくるため、少し手間がかかってしまいます。ですので、用途にあわせてバッグを使い分けると便利です。

メガボストンバッグを利用時、バッグの型崩れ防止のため、底に板などを敷く工夫をしておくと良いです。

3シーズン用テント

S__161309060

テントに安さを重視してしまうと悲惨なことになってしまう可能性が高いです。筆者が体験したことをまとめると、新品なのに雨漏り、耐久性が著しく低いためすぐにちぎれる、通気性が無くテント内が蒸し焼きなど…。

テントは、値段が安いから良いというわけでは決してありません。

ですので機能性も考慮して、mont-bellの「クロノスドーム1型」をおススメします。ポールをつなげ直角に交差させた後に、テントをフックに引っ掛けるだけで組み立てができるので、誰でも簡単に設営できます。クロノスドーム1型は1~2人用なので、1人で利用する際はテント内のスペースにかなりゆとりをもてます。

3シーズン対応、通気性も抜群のためツーリングの他にも、トレッキングやバックパッキングなど幅広く利用できます。

キャンツーのテント選びの際は性能と利便性(収納)を重視すると良い

グランドシート

S__161357899

テントの下に敷くシートです。断熱、テントの底が傷つかないようにする役目があります。

春夏用シュラフ(寝袋)

S__161357897

春や秋の朝晩はまだ冷えるため高い保温性を備えているシュラフと、夏の暑い夜用のシュラフの2つを紹介します。

1つ目はmont-bellの「バロウバッグ」。このシュラフは表面は耐久性の高い繊維、寝袋の中に、化繊の綿が使用されているため、濡れや汗蒸れによるシュラフ内の温度の低下を抑えてくれる優れものです!シュラフ内のスペースもかなり余裕があるので、筆者は愛用しています。

対応する温度によって種類がわかれており、春秋に使用する場合は上の写真の#1では保温性が高すぎて、寝苦しくなってしまいますので#3がちょうどよいと思います。

2つ目はキャプテンスタッグの「プレーリー600」。値段がとても安く(約900円)かなりコスパが良いです。夏場は、これで十分だと思います。最近は熱帯夜の日数が増えているみたいなので、もしかするとこれでも暑いかもしれません。

マット

S__161309069

キャンプの快適さはテントとシュラフの性能で変わると思われがちですが、シュラフとテントの間に敷くマットは、実はとても重要な役割をしています。

マットの大きな役割は2つあります。

まず1つ目は、地面との断熱効果。冬場はもちろんのこと夏場も意外と地面が冷えます。この冷えを底冷えといい、底冷えによって風邪をひかないためにしっかりと断熱機能があるマットを使用します。

2つ目は地面のデコボコから体を守ることと、クッション効果です。クッション効果が低いマットや床に直で寝た人は体験したことがあると思いますが、かなり体を痛め次の日バキバキにになります。笑

そんな二つの性能とお手軽なコストを兼ねそろえたマットがキャプテンスタッグの「EVAフォームマット」です。マットが凹凸に加工されているのでがたがたな地面に対応でき、なおかつとても軽く、断熱性とクッション性を兼ね備えています!

私は昔、銀マットを使っていたのですが、寝るたびに腰が痛くなりこのEVAフォーマットに変えました。すると、寝起きの痛みがなくなりそれ以来このマットにお世話になっています。

S__161309066

寝心地に最も影響して来るのが枕です。普段使っているお気に入りの枕じゃなきゃ寝れない!という方のために色々なキャンプ用枕の種類を紹介します。

  • 自分で空気を吹き込むタイプ
  • 折り畳み式
  • 衣類を詰め込むタイプなど

好みは別れますが、私は空気を入れて膨らますタイプをおススメしています。

理由は、利用時には空気を吹き込みお好みで高さが調整可能、収納時は小さくたたむことで収納スペースを取らないからです。枕はリーズナブルでたくさんの種類がありますので自分のお気に入りを探してみるのも楽しいです。

ランタン

S__161309067

テント内を明るく照らすことができる便利アイテムとしてキャンプには欠かせません。ランタンには燃料別に電気、ガソリン、灯油、ガス、ロウソクといった種類がります。

今回はお手軽なキャンプツーリング装備ということと、テント内で使用することをふまえて、LEDランタンをおススメします。私はColemanの「バッテリーガードLEDランタン/200」を使用していますが、リーズナブルなうえにコンパクトなので重宝しています。

あると便利な道具

バーナー

S__161309061

お湯を沸かす際や、料理をするときに利用します。大自然に囲まれ、満天の星空の下で食べるカップラーメンとコーヒーは格別です。下にボンベをつけて、火をつけるタイプのシングルガスバーナーはコンパクトで持ち運びが便利なため、キャンツーにもってこいです。

クッカー

バーナーと併せて持っていきたいのがクッカーです。様々な形状があり、クッカーに使われる主な素材としては以下の3種類があります。

  • アルミ = 軽量で安価。耐久性が低い。
  • ステンレス = 保温性と耐久性を兼ね備えている。重い。
  • チタン = 軽量で耐久性がある。高い。

私はよくインスタントラーメンを食べるので、以前まではアルミ製の小さな鍋を持っていましたが、残念ながら壊れてしまいました。底が深い(鍋型)クッカーは炒め物、水を沸かすこともでき万能ですのでおススメです。

併せてお皿、スプーン、フォークを持っていきましょう。

ハンマー

テントを建てるペグを打つときに使用します。よく忘れてしまい、落ちている石でやることが多いのですがやりにくいので、持っていくと便利です。

S字フック

100均で売っているS字フック。実はかなり有能なんです!ものをひっかけたり袋を掛けたりする場面が意外と多いのでキャンプに持っていけばかなり活躍します。タープを利用するときや物を縛るときにも使えて、工夫次第でかなり役に立ちます。

キャンプツーリング積載時の注意

S__161309074

私は250ccの単気筒のバイクでキャンプツーリングをよく行うのですが、巡航速度が早い道路や風が強いと荷物で煽られてしまい走っていて危険を感じることがあります。

バイクの排気量が少ないほど、荷物を積載して走るときにエンジンがいっぱいいっぱいになりやすいので、できるだけ荷物は軽くコンパクトにまとめると安全にキャンプ地に向かうことができます。

キャンプツーリングの積載方法をご紹介!サイドバッグが積載のキモ!?

春夏はキャンプツーリングのベストシーズン

IMG_9168

今回、春夏キャンプツーリングの装備についてまとめてみましたがいかがでしょうか?これからキャンプツーリングに行ってみる方や、あと一歩踏み出せずキャンツーに不安を抱いている方の力に少しでもなれたならうれしいです。

この記事に載っている装備を参考として、ぜひ何度かキャンツーに行き自分に合ったギアや、新しい装備を探してみてください。さらにキャンプが楽しくなること間違いなしです!

国内外をバックパックことが趣味な大学生。最近キャンプの楽しさに気付く。ストイックな旅行が好き。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top