キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

新潟「海辺の森キャンプ場」で夏キャンプ!無料地引網体験は忘れずに!

新潟県にある海辺の森キャンプ場は、その名の通り海辺にあるキャンプ場です。

すぐそばにある海では海水浴も楽しめますし、キャンプ客限定で無料地引網体験イベントが行われるなど、夏キャンプにピッタリのキャンプ場なのです!

そんな海辺の森キャンプ場について、詳しくご紹介していきますね。

はれうさぎ

ファミリーキャンプ歴4年目の主婦。登山好きな夫の「テントはコンパクトに!」のこだわりのもと、夫は独身時代から愛用しているソロテントで、私と子ども2人は3人用テントで寝るという別居スタイルでキャンプを楽しんでおります。

新潟県「海辺の森キャンプ場」

niigata_umibenomori_0001

新潟県新潟市にある海辺の森キャンプ場は日本海を望む松林の中にある自然豊かなキャンプ場です。

「森」も「海」も「鳥」も「昆虫」も楽しめ、季節によってはカブトムシと出会うこともできるんだとか!

公式サイト:海辺の森キャンプ場

niigata_umibenomori_0001_2カブトムシは見つけに行けなかったけど、蝶々はいたよ

そして海辺の森キャンプ場といえば、何といっても海!

niigata_umibenomori_0002ドーン!

こんな素敵な海がキャンプ場の前に広がっているんですよ~。

この海岸では海水浴を楽しめるのはもちろんのこと、7月8月の日曜・祝日にはキャンプ場宿泊者限定で「無料地引網体験」イベントが毎年行われています。

自らが地引網でとった魚をキャンプ場で食べることができるなんて、ちょっとすごくないですか?(笑)

海辺の森キャンプ場の施設紹介

niigata_umibenomori_0003画像引用:海辺の森キャンプ場公式HP

それでは海辺の森キャンプ場について、もう少しご紹介していきますね。

海辺の森キャンプ場はとても広いキャンプ場で、以下のゾーンに分かれています。

  • くろまつ:テントサイト(大)
  • あきぐみ:テントサイト(大)
  • あかしあ:常設テント(デッキ)
  • はまなす:テントサイト(小)

それぞれのゾーンはこのような雰囲気。

くろまつ:テントサイト(大)

niigata_umibenomori_0019

あきぐみ:テントサイト(大)

あかしあ:常設テント(デッキ)

はまなす:テントサイト(小)

我が家が泊まったのは「くろまつ」ゾーン。それ以外の写真は海辺の森公式ツイッターからご紹介させていただきました。

各種利用料金

niigata_umibenomori_0005

キャンプ場の宿泊料金は以下の通りです。

宿泊料金

  • テントサイト(大):1泊 1,500円 / 日帰り 800円
  • テントサイト(小):1泊 1,000円 / 日帰り 500円
  • 常設テント(デッキ):1泊 3,000円 / 日帰り 2,300円

niigata_umibenomori_0006

各種レンタルサービスもあります。

料金の詳細や最新情報については、公式サイトも合わせてご確認下さいね。

新潟県の海辺の森キャンプ場の注意点

niigata_umibenomori_0007

海辺の森キャンプ場の注意点は以下の2点です。

  • キャンプ場内に車の乗り入れはできません
  • 直火は禁止です

ペット連れは「OK」です。

まずは受付へ

niigata_umibenomori_0008

キャンプ場に着くとまず受付へ。

niigata_umibenomori_0009

受付がある管理棟へは、キャンプ場前にある駐車場から約3分。

niigata_umibenomori_0010

受付はこのような感じです。

niigata_umibenomori_0011

自由に借りることができる本もおいてありました。

駐車場からテントサイトへ

niigata_umibenomori_0012

キャンプ場へは車の乗り入れはできませんので、駐車場から荷物を運んできます。

駐車場から荷物を運ぶのは、正直かなり面倒…。ですが、大きなリアカーを借りることができるのでご安心を!

niigata_umibenomori_0013

サクッとまとめて運んでしまいましょう。

niigata_umibenomori_0015

すぐに「しんどい~」とか言い出す子ども達をも運ぶことができる、とっても便利なリアカーです。(笑)

niigata_umibenomori_0014

というわけで、受付後はリアカーを借りて駐車場へ引き返し、荷物をテントサイトへ運んでいきます。

niigata_umibenomori_0016

キャンプ場は自然たっぷり。

とはいえ、きちんと舗装された道が通ってますので、荷物はスムーズにリアカーで運ぶことができます。

niigata_umibenomori_0017

キャンプ場の中の木には、鳥の巣箱が沢山ありました。

niigata_umibenomori_0018

巣箱を利用する鳥を見ることはできませんでしたが、キャンプ場内には様々な鳥が訪れていましたよ。

我が家のテント区画

niigata_umibenomori_0019写真の左奥が我が家のテント

我が家が利用した区画は、テントサイト(大)の「くろまつ」ゾーンの「4」。

テントサイト(大)というだけあり、とても広々としていました。

niigata_umibenomori_0020

区画と区画の間に木が植わっているスペースがあり、区画同士がギチギチにくっついてはいない為、開放感があります。

niigata_umibenomori_0021

が、広々で開放感があるか否かは、区画にもよるようです。

niigata_umibenomori_0022

我が家が予約したくろまつゾーンは、場所が管理棟からも駐車場からも離れたエリアとなります。管理棟から近いエリアは、奥と比べて区画同士がそこそこ近いようです。

そして、管理棟から近いエリアは、駐車場からも近いので、夜もにぎやかである事も多いとのこと。

静かで開放的なキャンプを求める方は、我が家が利用した奥のエリア(くろまつゾーンなど)がおすすめですね。

niigata_umibenomori_0023

くろまつゾーンは区画が密集していませんでしたので、子ども達が「他人のテント区画にうっかり入り込む」ということも無く安心感がありました。

おそらくキャンプ場全体としては満員くらいに埋まっていたと思われるのですが、トイレや炊事棟に移動する際も他のキャンプ客と動線が交わることがかなり少なかったですね。

常設テント(デッキ)

niigata_umibenomori_0024

ちなみに、常設テント(デッキ)はこのような感じです。テントとバンガローの良いとこどりのような雰囲気で、1泊 3,000円とお手頃価格

テントはまだ持っていないけれどキャンプにチャレンジしてみたい家族や、手軽に海水浴とキャンプを満喫したい家族にもピッタリですね。

トイレ

niigata_umibenomori_0025

こちらのトイレは、テントサイト「くろまつ」ゾーンから一番近い場所のものです。

niigata_umibenomori_0026

清潔感があり水洗トイレです。

炊事棟

niigata_umibenomori_0027

炊事棟はテント区画のゾーン毎にあり、それぞれの区画の予約者のみが利用する形となります。

これら炊事棟の写真は、いずれも「くろまつ」ゾーンのものです。

niigata_umibenomori_0028炊事棟はスッキリしています

水道からお湯は出ません。

niigata_umibenomori_0029

水道の反対側には「かまど」が6つありました。

管理棟内のトイレやシャワー・洗濯機

niigata_umibenomori_0030

管理棟の中にもトイレがあり、その他シャワーや洗濯機、冷蔵庫などもありました。

niigata_umibenomori_0031こちらシャワー

海が近いので、海水浴の後にシャワーが出来るのは有難いですね。

niigata_umibenomori_0032洗濯機も

そして、写真は撮り忘れましたが、管理棟内には冷蔵庫もありましたよ。

ゴミ捨て場

niigata_umibenomori_0033

キャンプ場には、ゴミ捨て場(ゴミステーション)もあり、「燃えるゴミ」「ビン」「カン」とゴミを分類した上で捨てることができます。

レンタル自転車

niigata_umibenomori_0034

海辺の森にはレンタル自転車のサービスもあり、1回2時間200円で自転車を借りることができます。海辺の森という場所はとても広いので、上手く利用するとより楽しめそうですね。

今回、我が家は海水浴ばかりしていてキャンプ場以外のエリアまでは周り切れませんでしたが「海辺の森」にはキャンプ場以外にも以下のエリアが広がっています。

  • わんぱくの森エリア(カブトムシの森)
  • さえずりの森エリア(バードサンクチュアリ)
  • 四季の森エリア(バードサンクチュアリ)
  • 躍動の森エリア(トリムコース)

躍動の森(トリムコース)

島見浜海水浴場

niigata_umibenomori_0035

そして、海辺の森キャンプ場と言えば海!

海がキャンプ場からは道路を挟んですぐそこにあるので、キャンプ場で水着に着替えてそのまま海まで歩いて行くことができます。

海水浴へ

niigata_umibenomori_0036

てくてくてく…。

niigata_umibenomori_0037

海~!!

niigata_umibenomori_0038

砂遊びし放題!

niigata_umibenomori_0039

/はれうさぎicon
はれうさぎ

いやいや、娘よ泳ごうぜ!

キャンプと海を両方楽しめるなんてとっても贅沢ですね。

niigata_umibenomori_0040

キャンプ場にはシャワーもありますので、泳いだ後に海水を洗い流してスッキリできるのも嬉しい限りです。

無料地引網体験イベントも!

そして、キャンプ場宿泊者限定で7、8月の日曜・祝日のみ「無料地引網体験」イベントが海岸で行われますので要チェックですよ!

獲れた魚はキャンプ場への持ち帰りもOKなんです。これ、めちゃくちゃ楽しそうじゃないですか?

/はれうさぎicon
はれうさぎ

え?我が家?参加しそびれました。だって知らなかったんですもの…!ものすごく心残りでございます。

というわけで「知ってたら行きたかったけど知らんかった!」という残念な人を減らすべく、このイベントをゴリゴリとおすすめしておきます。

海辺の森キャンプ場の近隣施設

niigata_umibenomori_0041

最後に、海辺の森キャンプ場の近隣施設について。

スーパー:ウオロク松浜店

niigata_umibenomori_0042

キャンプ場から車で約10分で行ける場所にスーパー「ウオロク松浜店」がありますので、食料を現地調達することもできて便利です。

公式サイト:ウオロク松浜店

お寿司屋:弁慶

niigata_umibenomori_0043

そして、海辺の森キャンプ場から車で約30分の場所にあるピア万代にある「弁慶」というお寿司屋さんが我が家のお気に入り!

キャンプの帰りによく寄っています。

公式サイト:弁慶 ピア万代店

niigata_umibenomori_0044

/はれうさぎicon
はれうさぎ

えびの味噌汁なんと100円!

こちら「弁慶」は、地元佐渡産の鮮魚が中心のメニューで、回転ずしでありながら座敷席もあるなどちょっと高級な雰囲気を味わうことが出来ます。

niigata_umibenomori_0045

ただ、美味しくてリーズナブルというわけで行列が絶えないので「並ぶ覚悟」が必要だという点はご注意ください。

海辺の森キャンプ場まとめ

niigata_umibenomori_0046

というわけで。海辺の森キャンプ場はキャンプと海水浴がセットで楽める嬉しいキャンプ場なのでした。

あと「地引網」も忘れずに!我が家は参加しそびれてショックすぎましたので、是非とも地引網イベントの有無と時間はチェックしておくようにしましょう!

海辺の森キャンプ場の基本情報

住所新潟県新潟市北区島見町1-13
電話番号025-255-3810
利用時間9時~翌9時/16時~翌16時
予約方法オンライン/電話
営業期間4月下旬~10月31日
公式サイト海辺の森キャンプ場
※例年の情報であり、2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定していた今シーズンのオープンを延期し調整中です。
はれうさぎ

ファミリーキャンプ歴4年目の主婦。登山好きな夫の「テントはコンパクトに!」のこだわりのもと、夫は独身時代から愛用しているソロテントで、私と子ども2人は3人用テントで寝るという別居スタイルでキャンプを楽しんでおります。

back to top