福島県西会津「さゆりオートパーク」でのコテージ泊

福島県西会津「さゆりオートパーク」でのコテージ泊

私の自宅から約60kmほど離れた場所にある「さゆりオートパーク」。バイクで90分も走れば到着する此処は、とても使いやすいキャンプ場。

ですから、「日常に疲れたなぁ…」「ちょっと日常からエスケープしたいなぁ」なんて気分の時に、非日常を手軽に味わえたりします。自分勝手極まりないけれど、「HomeGround」と決めつけていて毎年必ず訪れます。

2021年も10月となり、「バイクでキャンプもこれが今年の最後かなぁ」との想いから予約したのだけれど、当日が近づくにつれ天気予報が大きく変化。10月16、17日の予約でしたが、17日は100%の雨予報。しかも今秋最大の冷え込み。

これではバイクもキャンプも楽しめない。急遽「Superネズミ号」での「コテージ泊」となりました。さゆりオートパークでのコテージ泊は初体験です。それにしても、2021は悉くバイクキャンプが雨に祟られました。こんな年もあるのですねぇ。

さゆりオートパークについて

さゆりオートパークは「福島県耶麻郡西会津町登世島字下小島187」にあります。JRの野沢駅から車で5分。野沢駅前で全ての食材が揃います。その上、オートパークには温泉完備。

出典:さゆりオートパーク公式サイト

ロータスインは、立ち寄り温泉・レストラン・宿泊棟からなる保養施設。オートパークは、そこに併設されているキャンプ場です。

キャンプサイトには小川が流れ、水洗トイレにシャワールーム、洗濯機類や炊事場まで完備。季節が良ければ、蛍も舞います!

キャンプサイトは広大とは言えないまでも、決して狭さを感じることはありません。寧ろ良い意味でのコンパクトさ。芝生の上にテントを張るため快適です。BBQ専用棟もあります。

最近流行の「高機能キャンプ場」では無いけれど、清潔さと快適さが保たれたキャンプ場。日常からのエスケープにはもってこい、なのです!

今回はコテージナンバー「5」に宿泊となりました。

先ずは買い出し(JR野沢駅界隈)

日中は晴天(夜から雨)。県境を走ると、気持ちの良いこと!まだ紅葉には早いけれど。

あっという間に、福島県入り。

さゆりオートパークから車で5分程度の場所にJR野沢駅があります。そしてこの界隈で、キャンプに必要な物はすべてが揃うのです。ホームセンターもあるから薪だって大丈夫!

最初は「道の駅よりっせ」へ。此方で新鮮な「水菜」「生キクラゲ」「長ネギ」を格安大量購入。

JR野沢駅はこんな様子。

駅前には旅館があります。結構な趣。

お肉は「同気」さんで。今回は豚ホルモンを購入。

同気さんの豚ホルモンは1つ1つのカットが大きく、その上肉厚。とても美味なのです。食堂も併設しており、何を頼んでも美味しくボリューミー、そして安い!

あとの食材、アルコール類は此方で。キャンプ場から5分圏内で全てが揃うこのお気軽さ

コテージ到着(小さいながらも全てが完備)

16日は、13時30分に到着でした。コテージに入る前にまずは入浴。汗を流します。

この時は、2時間半ほど温泉とサウナを満喫。ロータスインの入り口はこんな感じ。

温泉は「内風呂」「ジャグジーバス」「サウナ」「露天風呂」「打たせ湯」があります。入浴時間は5:00~8:00、10:00~23:00。翌朝は、無論朝から「朝風呂堪能」です。

汗を流したあとは、いよいよコテージへ。

外観からは分かりませんが、快適な生活を支えるすべての物が完備されています。

コテージの最大収納人数は4名。今回4人で使用しました。1棟14,000円ですから、1人当たりは3,500円

食材とアルコール類で1人2,000円。合計5,500円で快適コテージ泊!しかも温泉は何度でも入浴できます。なんともリーズナブルな旅!

玄関を空ければ、リビングダイニングです。右手にはベットが有り、写真のような2段ベットが2つ

リビングダイニングの左手奥には台所です。

もちろん食器類・調理道具・冷蔵庫・電子レンジ・ポット・炊飯器、全てがあります。当たり前ですが、お湯も出ます。

リビングダイニング左手前には、シャワールーム・ウォシュレット・洗面台があります。

なんとも快適な空間!この夜、アルコールを嗜みながら、4人でわいわい深夜まで。テレビをつけながら…。

雨の中のテントの夜を考えたら、贅沢この上ない旅ですね。

今回は温泉と食事がメインの旅

夕食の写真が此方(1人前)。

先ずは、特製キノコ鍋!ホルモンのアップは此方。

後はお肉と野菜達。お肉は2種類。1つめは牛ステーキ。

2つめはトンテキ。

そして、キャベツとキュウリのサラダ。

以上が1人前。鍋は皆さんお代わりしていました。とても好評!

これだけ食べて、お酒を飲んで(BEER一人3本、ウィスキーも)、1人2,000円也。ありがたやありがたや!

特製キノコ鍋のレシピ

【材料】

  • 生キクラゲ
  • 霜降り平茸
  • シメジ
  • 椎茸
  • 長ネギ
  • 水菜
  • 豚ホルモン
  • 鍋キューブ(ごま味噌坦々味)

【作り方】

  1. 材料を「ざく切り」にします
  2. ざく切りにした材料を鍋に投入、グツグツ煮込みます
  3. 頃合いを見て、鍋キューブ投入
  4. 長ネギが「くたくた」になるまで煮込めば完成

簡単かつ絶品です。かなり大量に作ったのだけれど(大きな鍋にたっぷり)、4人で全て完食でした。

お風呂について(朝風呂独り占め)

16日は、21時以降雨となりました。

雨の降る中、キャンプを決行する強者達!この夜、コテージは4つ、キャンプは3張り。

17日の朝は流石に冷え込みました。コテージの中は快適ですが玄関から1歩出れば寒い!6:00から朝風呂です。ジャグジーバスはこれ。

内風呂はこちら。

朝6時、誰も居ません。お風呂全てを独り占め

雨の中の露天風呂もまた、風情があります。

入浴後、強者キャンパー達の様子を見に行くと、撤収作業の真っ最中。

結構な降り方でしたから…。BBQ専用棟も、雨に濡れています。

17日の朝ご飯は和食にしました。昨晩の内にセットしておいた「炊き込みご飯」「即席のナメコ味噌汁」「市販の卵焼き」。

最近朝は、パンからご飯に変わりつつあります。年齢のせいかな?炊きたてのご飯は格別です。

今冬、これから行う車中泊旅でも「鍋」と「ご飯」は欠かせません。車内でも鍋。車内でも炊きたてご飯、考えます。

終わりに

当初考えた「2021最後のバイクでキャンプ」は出来ませんでした。急遽変わった車での旅、コテージでの旅、それはバイクでの「走る楽しさ」を諦めること…。「走る楽しさ」に変えて「食」にこだわりました。

10月も後半となった新潟では、これからどんどん冷え込みが厳しくなります。オートバイもそろそろ走り納め…。今冬の「車中泊での温泉巡り」が始まります。

今年は何処へ行こうかな。ガスバーナーで使える程良い大きさの鍋、探します。今回の旅、動画もありますのでよければ見て下さい。

紹介
ギア
X 閉じる
  • YOSHINORI
  • YOSHINORI
  • バイクに乗って36年。愛車は90年式のHarley Davidson 。齢29歳10万キロを超えました。なので、とうとうマシンを買い換え・・・。キャブモデルのTC88、FLSTCが新たな相棒です!youtubeにツーリングやキャンプ動画をあげています。宜しければご覧下さい。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂