キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

走行距離10万km越え90年式HARLEY DAVIDSON FXRとの29年間の記録

ガレージに保管されたFXR
1990年。念願だった職業への合格通知が届いた翌日。HARLEYを新車で買いました。HARLEY-DAVIDSON FXR

あれから既に29年。どんな時も傍にあったFXR。とうとう今春、走行は10万キロを超えました。現在は103,000km。

当時は今と異なり、痒い所に手が届く程、パーツが豊富に簡単に手に入る時代ではありませんでした。付くか否か分からぬままに購入し、try&error。知恵を絞り、何とか自分で加工して、お店にも頼んだりしつつ、コツコツとカスタム。

北は北海道、南は鹿児島迄、沖縄以外46都道府県を駆け抜けた愛馬。酷い目にも会いましたし、旅先でのトラブルは数え切れません。既に人生の一部とも言える愛馬HARLEY -DAVIDSON。錆の一つ、傷の一つ全てに、想い出があります。

然し乍ら、既に10万キロ。これから先、乗り続けて行くには…

/購入当初のハーレーFXR
写真のFXRは、キャブ、マフラー、サイドカバーがノーマルと異なります。でもこれがノーマルの形

/FXRを29年間カスタムした果て
29年のカスタムの果てに、今の形。全くノーマルの面影はありません

佐久間禎訓

バイクに乗って34年。愛車は90年式のHarley Davidson 。齢29歳10万キロを超えました。なので、とうとうマシンを買い換え・・・。キャブモデルのTC88、FLSTCが新たな相棒です!youtubeにツーリングやキャンプ動画をあげています。宜しければご覧下さい。

90年式 HARLEY-DAVIDSON FXRとは?

80年台後半、HARLEY-DAVIDSON は、それまでの欠点を克服した全く新しいエンジンを発表します。それがevolutionと名付けられたエンジン。排気量は1340cc。それ以前のHARLEY では、あり得なかった品質と耐久性を誇りました。

HARLEY を語る上で、AMF時代を欠かすことはできません。AMF時代のHARLEY は、低品質であり、オイル漏れが当たり前であり、壊れるのが当たり前。他方、AMF時代、優れたフォルムのマシンが多かったのも、また事実。功罪両方ありますが…その辺は長くなりますから割愛です。

Evolutionはblock headとも呼ばれ、壊れない、オイル漏れがない、maintenance-freeであり、正にHARLEY社がHARLEY乗りが、夢見たエンジンでした。

FXRは、そのevolutionエンジンを「より遠くへ」走る為に開発された、新しいフレームに搭載し登場したマシンです。フレーム開発には、かのエリック・ビューエルも加わっていたとか。走りに特化していながら、ビックツイン(1340ccエンジン。1200ccと883ccはベビーツイン)の中で価格は最安ライン。メッキとか、省かれていましたからね。

90年当時、FXRの評価とは?

90年当時、evolutionそのものが、結構バッシングを受けました。所謂「evoバッシング」。HARLEY はショベルやパンまで。Evoは美しさが無いし、HARLEY の振動も希薄。味わいが無い…。様々言われましたね。今では考えられませんが。

アメリカ本国での評価

アメリカは合理主義の国です。「価格が安く、どこまでも走れる足回りを持ち、壊れなくてパワフル」、FXRは一部のHARLEY 乗りから熱狂的に支持されました。「health angels」彼らのことは、軽々に語れません。興味のある方は調べて下さい。

ビルダー達や、HARLEYをステイタスと考える(乗らずに見せびらかすタイプ)方からは敬遠されました。走りに特化したフレームは、HARLEYらしさの極地であるスタイリングに出来なかったからです。

日本での評価

悲しいかな、全くの不人気車でした。原因はフレームです。低く伸びやかなスタイルに出来ない、サイドカバーと三角形のサイドカバー部分のフレームが、日本車のように見える、HARLEYらしく無い、そりゃもう散々でした。

唯一、映画「HARLEY-DAVIDSON & マルボロマン」で主役のミッキーロークのマシンが、FXRであったことが、救いでしたね。

/116957a65df5757f37c330934ddce08c18181212_large

現在のFXR人気が、摩訶不思議です。

29年間の維持、その費用は?

HARLEYは壊れる、そんな言葉がいまだに残っているのは、AMF時代の低品質HARLEYがあった為です。Evo以降のHARLEY は、そうそう壊れません!

ただし、本国とは異なる環境機構の下、どうしても壊れやすい部分はあります。これは、車でも単車でも、外車であれば仕方がないこと。HARLEY だから壊れる、ということではありません。

維持費が掛かるのでは無いのです。では、何が掛かるのでしょうか?

施したカスタムの数々

  • 90年式HARLEY-DAVIDSON FXR。フロント周りは、全てFATBOYに換装済み。前後ホイールも、FATBOYの物を入れています。
  • フロントブレーキシステムHi performance machine。フローティングディスクは13インチ。
  • タンクはセンターにメーターが付くcat’s-eyeタイプ。
  • ライザーはサンダンスのプルバックのロングタイプ。装着するハンドルはドラッグバー。
  • エンジンにはハイカムが入っています。
  • シートはLe Pera(ラペラ)などを使った末に汎用のサドルシート。2インチのスプリングをフレーム加工し付けています。
  • フェンダーは前後共古いFLの物を加工し取り付け。
  • 塗装は自家塗装。
  • ショベル時代のサイドボックスを車体加工し、左右につけています。
  • マフラーはthunder header。
  • 点火系統はダイナS、コイルもダイナです。
  • リアショックはオーリンズを使っていましたが、今はプログレッシブの11インチ。
  • キャブレターはスクリーミンイーグルの40パイから、現在はミクニのHSRキャブ42パイ。

無論、90年当時から今の形を目指していたわけではありません!最初に目指したのは、shovel時代のローライダーやスタージス!格好良いですからその二台は。

けれども、やはりフレームの問題があり、そうしたマシンのシルエットに近ずけるのは困難。

だったらと、FXのフォルムを捨て、FLのフォルムに近づけて行きました。見た目がFLで、走りはFX!最高の一台になるだろうと、お金を貯めてはパーツを買い、夜な夜なガレージで悪戦苦闘!そんな日々の積み重ねで、29年間です。

/FLのフォルムに近づけたFXL

サイドカーを特注し、取り付けていた時期もありましたね。埼玉のJDCCに特注し、スーサイドクラッチとハンドシフトにしていた時期もあります。ハンドルやマフラーの交換は、数知れず…。

故障の数々とトラブル

HARLEYの最も弱い点は、電気系です。90年、新車のその年に、高速道路を走行中、バッテリーが破裂するというトラブルがありました。しかしそれは、90年という当時の話。HARLEY-DAVIDSON 社自体、まだ日本をそれほどのマーケットと見ていなかった時代の話。現在では、あり得ません。

それよりも頻繁に起きるのは、レギュレータトラブル。これはもう消耗品と割り切り、自宅にストックしておく他ありません。車体に電圧計をつけ、電圧変化を常にチェック。ガレージに、テスターは必需品です。カスタムに走るより先に、テスターは買いましょう!

常に常備してある部品たち

秘密基地には、油脂類の他、いつ壊れてもすぐに治せるよう、いくつかの部品をストックしてあります。それも電気系統が主体。

/故障のために準備しているダイナSシステム

先ずはダイナSシステム。ピックアップローターと5Ωのコイルのセットが1台。特にコイルは、5年から6年程度で寿命が来ます。

お次は、最大の懸念材料、レギュレータ。HARLEYの充電系統は昔のシステムです。

/常備しているレギュレータ
常備しているレギュレータ。下はDRAG specialties、上はさらに安いブランド

発電され過ぎた余計な電気は車体に逃している訳ですが。こうした古いシステム故、レギュレータがパンクします。ついている場所も、冷やすためには良いけれど、雨風がもろに当たる場所。レギュレータの故障は目で見えません。ある日いきなり、です。私は車体に電圧計をつけ、電気のトラブルに備えています。レギュレータは、常に2個常備。

ウィンカーも、古いリレーシステムです。高いものではないので、常備2個。

/ウィンカーリレー2個とウィンカーの球ウィンカーリレー2個と、ウィンカーの球4個

ウィンカーの球も、ツーリング前日に切れてしまった苦い経験がありますから、4個常備しています。

お次はプラグ。車体にプラグホルダーを付け、中に2本入れています。それ以外に2本常備。

HARLEYは、金が掛かるのか?

結論から書きます。金、掛かりません!

バッテリーは消耗品。何に乗ろうといづれは交換です。タイヤも同じこと。最近の高出力マシンは、ハイグリップタイヤです。一本4万は当たり前、そして1万キロ持ちません。HARLEYのタイヤはロングライフ!ブレーキパットも長持ちします。レギュレータは少々値が張りますが、それでも安いパーツショップで買えば、1万円以下。

後は、スターターリレーとか、ウィンカーリレーとか。要するに「消耗品」程度なのです。

ミッションのリターンスプリングが折れ、ギアが噛んでしまうトラブルはありましたがね。ベルトドライブのベルト、10万キロを超えてなお、切れる気配はありません!

結局、evo以降のHARLEYは、消耗品とオイル管理をしっかりしていれば、壊れないのです(エンジンオイルは3000km毎、プライマリーとギアオイルは、車検毎に)。余程無茶苦茶な走り方でもしない限りは!

お金がかかるのは「カスタム」をする為。ノーマルでは、キャブの径は小さく、本来のパワーが出ていないし、マフラーも同じこと。HARLEY は「未完成」であるが故に、オーナーが自分の理想の形に、理想の足回りに、理想の音に、理想のパワーに近付けるべく、カスタムを施すから、お金が掛かります。そう言うバイクなのです、HARLEY は。

29年間で、カスタム等々につぎ込んだお金は、恐らくHARLEY 2台分は下りません…。

HARLEYのオーナーとなる。そして自分の理想に近づけていく。部品は豊富です。社外の部品を集め、HARLEY 1台を組み立てることも可能。あらゆる部品が存在します。金属主体ですから、自分で加工することも可能。自分の手で未完のバイクを完成品にしていく、これがHARLEYです。

ただし、最新の現行車は(これは、HARLEY もBMWもDUCAもGUZZI も全て共通)インジェクションも含めコンピュター制御。ディーラーに有るような専用テスターが無いと、手が出せなくなりました。現行車には、スタイル変更以外、オーナーが好きに手を入れる自由度は無くなりました。高性能と引き換えに…。

何故、1台に乗り続けるのか?

バイク乗りは、次から次に乗り換えるタイプと、とことん一台と付き合うタイプに分かれますね。どちらが良いと言う話ではありません。限りある人生、一生で乗れるバイクの数は限られています。だったら、数多く沢山のバイクに乗りたい。それも真理。

私の場合、オートバイは旅に出るための相棒。レースをするわけでは無いのだから、コンマ1秒を削る乗り方はしません。街乗りにも使うし、出勤にも使うけれど、やはり旅に出るのが本命!まだ見ぬ景色、走ったことの無い道、知らない世界、そこへ行く旅こそが、私には人生の醍醐味。

29年間、北海道から鹿児島まで、46都道府県を駆けて来ました。思い出は尽きません。車体に付いた傷、錆の一つにまで思い出が染み込んでいます。29年間10万キロの想い。そう易々と手放せない、正しく文字通りの相棒。

長く乗れば乗る程、そのバイクへの想い入れのみならず、メカにも精通して来ます。音や振動、バイクが発する様々な信号から、調子を読み取ることもできます。長く乗り続けることでわかることも、沢山あります。

90年に新車で購入した時は、「一生涯、このマシンに乗る」、そう決意していましたから。

ハーレーの寿命について

人の一生よりも長生きします。大排気量で、トルクで走るエンジン。高回転まで回すエンジンではありません。車体は鉄の塊。FRPやプラスチックは使われていません。部品は、社外品が星の数ほど出ています。

劣化は当然あります。金属が痩せる。例えば昨年、フロントのフローティングディスクが砕けました。フローティング部分は中心部分の円盤と、かしめられていますが。これが金属疲労で痩せてしまい、最後は砕けました。

電気系統、配線は劣化します。いつかは引き直しが必要です。エンジンのオーバーホールも、ミッションのオーバーホールも、いつかはしなければなりません。車体周り、足回りのオーバーホールも、何処かで必要になります。

その際に必要となるのが部品ですが、HARLEYに限って言えば、アフターマーケットの豊富さから、部品が手に入らないと言う事態は起きません。後は、コストの問題だけ。要するに、お金です。そして、OHにかかる時間…。

実は、浮気もしてました

29年間のHARLEY 人生(バイク歴は34年ですが)、数年間浮気をしていたことがあります。FXRが9万kmを超えた時、流石に消耗を減らそうかと考え始めた頃。偶々昔憧れたバイクに出会ってしまったのです!

MOTOGUZZI 1100 sport

HARLEYの特殊なボルトを注文にバイク屋に出向き、出会ってしまい、トントン拍子に購入!

/MOTOGUZZI1100で角島大橋ツーリング2016 山口県 角島大橋にて

/MOTOGUZZIで四国カルストツーリングした時の写真2018 四国カルスト 五段高原にて

2014~2018の10/27迄、5年間で25000km走りました。

イタリアの洗練された美人とアメリカの田舎娘

MOTOGUZZI、10代の頃から憧れていたメーカーです。その乗り味は、極上でした。低回転ではHARLEYの如き安定感。鼓動感はHARLEY 以上。アクセルを開ければ、車体が右に傾きます。そして高回転ではBMWの如きモーター感、一気に車速が跳ね上がります。

乗れば乗るほど楽しくなる、そんなマシンでした。

しかし…。分かり易い表現を使います。MOTOGUZZI は「イタリアの洗練された美人」です。お金が掛かります!本当様々に。壊れるし部品は高いし、次から次に治しても…。

あらゆるオイルシールが駄目になる、フロントフォークからもオイルが漏れる、スターターモーターが壊れる、デフのシールがやられる…。

HARLEYは、年間3000台、新車を日本で販売します。1年間で、どれ程の数を製造するのやら。対してMOTOGUZZI は、本国で年間製造できる台数が3000台。もう、圧倒的に組み立て精度が異なります。信頼度が違います

2017年のハーレーダビッドソン新車販売台数は国内で1万0043台。日本自動車輸入組合が発表

高性能を狙って作られたマシンでは無いHARLEYは、常に土の香りが漂います。走りにまで。車体、エンジン、ミッション全てに余裕がある為、訳のわからない壊れ方はしません。部品は豊富ですから、単価も安い。泥臭くて、壊れずに、コストも安く済む。

イタリアの洗練された美人の如き美しさは無いけれど、儚さも無い。アメリカの田舎娘です、HARLEYは

/ハーレーFXLで十和田湖奥入瀬渓流ツーリング2019 十和田湖奥入瀬渓流にて

乗り換え候補の登場!FLSTCヘリテイジクラシック

乗り換えることは全く考えていなかった訳ですが。2019春ツーリングで、これまで経験しなかった事態を味わいました。キャンプ先からレッカーでの帰宅…。原因は、コイルに繋がる+線が断線していました。タンクの裏側で…。

暗くなりゆくキャンプ場で、様々原因を探りましたが、時間切れ。翌日帰宅しなければ仕事に支障をきたします。29年間のHARLEY Life初のレッカー。29年間、10万キロ。快調に走ってはいるけれど、ガタは様々な部分で生じています。このまま次の10万キロを目指すのか、足回り、電気系統、エンジン、ミッション、車体、あらゆる点で見直しが必要となって来たのでは無いか?その費用は?時間は?

そんな時に一つの話が舞い込みました。

愛馬FXRと同じく、29年間付き合いのあるバイク屋さんに1台のHARLEY がやってきました。前オーナーはお店のお客。素性ははっきりしているバイクです。前オーナーは神経質で、マシンの調子にとても敏感。その上、走らずに磨き…。走るタイプではなく、所持することで満足するタイプ。

バイク屋の親父曰く…。
「00年式のTC88ヘリテイジ ソフティルクラシック 走行僅かに9000km!乗らずに磨きまくっていたから、ピッカピカ。極上品。傷一つ無いし、機関は絶好調!君の次のマシンは、これだ!しかも最後のキャブレター車!」

/乗り換え候補のTC88ヘリテイジ-ソフティルクラシック同型車種。候補のマシンは黒で、マフラーにKERKERのフィッシュテールが入っています

このまま20万キロを目指すか、それとも…

価格は破格です。付き合いの長さから。しかもFXRも大層な値段で下取りすると…。買い替えに必要なお金で、FXRの各種OHはできません。エンジンから車体まで、一通り行えば、新車価格を超えるでしょう。しかも時間がかかる…。

賢さならば、買い替えです。けれど想いがそれを受け入れません。

果たしてどうするべきか…。未だ答えは見つからず、なのです。

※追伸
バイク屋の親父と協議の上、散々熟考した上で、買い替えを決意。
情では無く、合理で決断。10年後にも笑って普通に2000kmの旅に出られる選択は?
決断しました!
取り敢えずリアキャリアを付け、点火モジュールを変更します。後はおいおい。
佐久間禎訓

バイクに乗って34年。愛車は90年式のHarley Davidson 。齢29歳10万キロを超えました。なので、とうとうマシンを買い換え・・・。キャブモデルのTC88、FLSTCが新たな相棒です!youtubeにツーリングやキャンプ動画をあげています。宜しければご覧下さい。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top