キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

リピーター多め!キャンパーたちに愛され続ける志高湖キャンプ場の魅力とは?

リピーター多め!キャンパーたちに愛され続ける志高湖キャンプ場の魅力とは?
大分県別府市にある志高湖(しだかこ)キャンプ場はベテランソロキャンパーから家族連れまで、年間通して利用客の多いキャンプ場です。また景観の美しさから利用客から親しまれ、リピーターの多いキャンプ場でもあります。

今回は自身も志高湖キャンプ場のリピーターでもある筆者が、志高湖キャンプ場の魅力を勝手に分析してみました。施設情報も合わせて紹介しているので、まだ訪れたことのないキャンパーさんはぜひ参考にされてください!

miuco

犬2匹を連れて夫婦で月1回キャンプに行っています。夫は週一ソロキャンパー。キャンプ歴半年ながら、どんどんとキャンプ回数を重ね、爆速でギアを揃えキャンプ街道まっしぐら。主に九州、たまに山口県や四国まで足を伸ばします。自然の景色を生かしたキャンプ場が大好き!

志高湖キャンプ場ってどんなところ?

志高湖の看板と犬

まずは志高湖キャンプ場の概要について紹介します。

阿蘇くじゅう国立公園の湖畔にあるキャンプ場

志高湖キャンプ場は、阿蘇くじゅう国立公園内にあります。湖畔と遠くの山を一緒に眺められる位置や、湖畔のすぐそばでもテントを張ることができ、景色の良さと豊かな自然が魅力的なキャンプ場です。

湖畔にはたくさんのカモや白鳥が住み着いていて、景色とともに可愛い鳥たちを眺めるのも楽しみのひとつ。ペットの同伴もOKです。

つがいの白鳥志高湖にいる、つがいと思われる白鳥

売店での販売物も比較的充実していて、温泉へのアクセスも良く初心者でも楽しめるキャンプ場となっています。

アクセス

志高湖キャンプ場へのアクセス志高湖キャンプ場への地図 出典:志高湖キャンプ場

東九州自動車道別府インターチェンジから湯布院方面へ約8㎞。おおよそ10分ほどで到着します。一般道では大分市街地から1時間ほどかかります。

利用料金

1人(3歳以上) 660円
車両乗り入れ1台 520円
バイク1台 260円

志高湖キャンプ場がキャンパーに愛される理由とは?

志高湖キャンプ場が多くのキャンパーに愛され、リピーターが多い理由を筆者なりに分析してみました!

何度訪れても飽きのこない景色

志高湖キャンプ場の一番の魅力といえば、やっぱりこの景色!

緑の芝生と湖秋の紅葉が始まった頃の志高湖

四季によって景観の雰囲気は大きく変わります。

湖の向こうに見える丘紅葉が終わり冬の志高湖

春が来れば新緑の美しい湖畔を眺めることが出来ますし、冬場は雪が積もれば雪中キャンプを楽しむことも出来ます。九州ながら寒い時は、湖がすべて凍ることもあります。

また志高湖キャンプ場は、ピクニックや散策の利用で訪れる方もとても多い場所です。暖かい日の日中は観光客や地元のお散歩コースとしてたくさんの人で賑わいます。

志高湖で犬とピクニックの様子愛犬と志高湖でピクニックの様子

サイトを選ぶ楽しさ

志高湖キャンプ場はすべてフリーサイト。テント設営が可能なエリアであれば入場してから自由に選ぶことが出来ます(ピクニックでしか利用できないエリアもあります)。

志高湖キャンプ場のテントサイトは、テントを張る場所によって景色が大きく異なります。そのため、行くたびに違う場所を選んだり、お気に入りの場所を見つけて毎回同じ場所を選んだりと、いろいろな楽しみ方があるのも特徴です。

広いフリーサイトと遠くに見える1本の大きな木テントの張りやすい大きなフリーサイト

湖畔の近くに張られたムササビウイングとアスガルドミニ湖畔のすぐ近くにテントを張ることも出来ます

各キャンプサイトの魅力は後ほど、施設情報のテントサイトの項目に詳しく載せていますのでご覧ください。

利用料金が安い!

志高湖キャンプ場の利用料金は、近隣のキャンプ場と比べると結構お安め。大人2人、車両乗り入れ1台の場合は1,840円となります。このあたりが毎月や毎週のようにキャンプを楽しむヘビーキャンパーたちがリピーターになるひとつの理由でもあるかと思います。

ちなみにデイキャンプ利用の料金設定はなく、1泊料金と同じように、テントを張るならば1人660円、車両を乗り入れるのなら追加で520円かかります。

犬連れキャンプをしている者としては、ペットの入場料がかからないのも地味に嬉しいポイントです。

利用者だけでなく管理者たちにも愛されているキャンプ場

左側に湖と右側に芝生と木の写真

志高湖キャンプ場は利用者だけでなく、管理されている方たちからも愛されているキャンプ場です。管理棟での受付の際の説明や、開園前の朝早くからのお掃除の様子など、とても丁寧にされていて志高湖を大切に思われていることが感じられます。

また志高湖キャンプ場の公式HPにはブログへのリンクがあって、ブログはかなり小まめに更新されています。筆者的に一番愛情を感じるのが、この小まめなブログの更新。ブログの更新を続けるのって結構大変ですよね。

志高湖キャンプ場のブログでは、公園やキャンプ場に訪れる方へのお知らせや注意の他、今の志高湖の様子やお客さんの多さなどが載っています。そのため筆者は、志高湖にキャンプに行く時は必ずHPのブログを読んでから行くようにしています。

志高湖キャンプ場の施設情報

志高湖キャンプ場の施設情報を紹介します。

管理棟と売店

志高湖キャンプ場の管理棟は売店と一緒になっています。売店はお菓子や飲み物、炭や薪、着火剤などが販売されています。

志高湖キャンプ場の管理棟と売店志高湖キャンプ場の管理棟と売店

筆者が先日訪れた際は、薪不足だったようでお値段の割には若干量が少なめでした。心配な方は事前に買われていった方が良いかもしれません。

売店については週に2回ほどお休みがあるようで、日にちは㏋にて告知されています。売店がお休みでもキャンプ場の受付は出来ます。

たくさん並ぶ自販機管理棟の隣には種類豊富な自販機もあります

利用時間について

キャンプの受付は10時からで、人の出入りと荷物の搬入は出来るようになっています。テントの設営は11時から、さらに車の乗り入れは13時からですのでご注意ください。(13時までは徒歩で荷物を運ばなければいけません)

予約は受け付けておらず、湖から近いサイトは人気があるので早めに埋まってしまうこともあります。

各キャンプサイトの魅力を解説

志高湖キャンプ場のキャンプサイトの魅力を詳しく解説します。

トイレ、炊事場に近く便利なサイト

初心者におすすめなのが、公園の入り口に一番近くトイレや炊事場にも一番近いテントサイトです。

フリーサイトの中のエルフィールドと車トイレと炊事場近くのテントサイト

こちらのサイトは一番面積が広くほとんど平地なため、たくさんのテントを収容することができ初心者でも場所取りや場所選びが簡単です。また、トイレや炊事場が近いので安心ですね。上の写真奥に見える、メタセコイヤの木の近くもちょっとした人気スポットです。

サイトからの景色はこんなかんじ。木々の間に湖を眺めることが出来ます。

テント内からの眺めトイレと炊事場に近いテントサイトのテント内からの眺め

トイレ炊事場からは遠いけど景色が最高なサイト

志高湖の一番の魅力である景色を存分に楽しむことのできるサイトは、トイレや炊事場からは少し、いやかなり離れた場所にあります。トイレからの遠さは、最大片道10分~15分(泣)。そのためちょっと上級者向けですのでご注意ください(5分の幅を持たせているのはめっちゃ早歩きした場合と普通に歩いた場合の違いのためです)。

しかし、絶景とは苦労して向かった先にあるものですよね。志高湖キャンプ場の絶景テントサイトもトイレや炊事場から遠ざかるごとに、より絶景になります。トイレや炊事場からの遠さにより2段階に分けて紹介します。

難易度中級:トイレや炊事場からの遠さ片道5分~10分の絶景テントサイト

難易度中級のテントサイトは小高い丘の上にあります。

紅葉している志高湖の様子ここから眺める湖はなかなかの良い景色です

斜面が多いので場所選びにもコツが必要ですが、湖全体と公園の入り口や遠くに見える山を一度に眺めることの出来るロケーションの良いサイト。

お気に入りの場所として毎回この小高い丘でキャンプをする方もいるようです。

丘の上から見た紅葉した木々と湖、遠くの山湖の向こうには由布岳が見えます

難易度上級:トイレや炊事場からの遠さ片道10分~15分

遠くの山を眺める人と犬とにかく絶景!この気持ちよさは写真では伝えられません

湖畔の一番奥のエリアはトイレや炊事場まで、早歩きしても片道10分ほど。そのかわりロケーションは最高!目線は完全に湖と同じで、湖の向こうには由布岳と鶴見岳を眺めることが出来ます。

地面はぬかるみが多く車の乗り入れには少し注意が必要です。ちなみに難易度中級と上級として紹介したサイトには、どちらにも簡易水道がひとつづつ用意されていますが、洗剤や歯磨き粉の使用は禁止となっています。

筆者はこのサイトに泊まる勇気はまだありませんが、デイキャンプ利用なら何とかなるかな~と思うので今度挑戦してみようと思っています。

番外編:湖畔のすぐそばのサイト

志高湖キャンプ場では湖畔からすぐそばにテントを張ることもできます。トイレや炊事場まではおおよそ徒歩片道5分ほど。遊歩道に沿って遊歩道の内側の湖寄りの場所に点在しています。

志高湖とアスガルドミニテントから同じ目線で水面を眺められるのが最高

人気のエリアなので、早めに埋まってしまうこともあります。

湖のそばに張られたタープタープだけでデイ利用もおすすめ

炊事場

炊事場の写真-1

志高湖キャンプ場の炊事場の蛇口の数は全部で6個。作業台もあり使いやすいです。キャンプ場の規模と比べると蛇口の数が少ないので、ハイシーズンは混み合うこともありそうです。

トイレ

トイレの外観一番大きなフリーサイトにあるトイレ

トイレは、一番大きなフリーサイト内にあります。

トイレの内部の写真女子トイレは一つだけ洋式であとは全部和式

駐車場には綺麗な洋式のトイレがもう一つあるのですがキャンプ場からは遠いので、キャンプ中は主にこちらのトイレを使うことになります。

トイレの洗面台洗面台は鏡があって使いやすい!

遊歩道やボート

遊歩道の案内板

志高湖キャンプ場には遊歩道が整備されているのでキャンプの際は散策されることをおすすめします。湖の周りは1周1.8㎞で徒歩約30分ほど。そのほかにも周辺のスポットを巡る徒歩約1時間のコースや、軽くトレッキング気分を味わえる徒歩約2時間のコースも用意されています。

また公園内には30分1,100円で乗れるスワンボートがあります。なんとこのスワンボート、犬も乗れます!3人乗りで、犬は大人一人に換算されるようです。

スワンボートと桟橋の犬犬も乗れるスワンボートはなかなかないですよ!

禁止事項

志高湖キャンプ場では直火や花火、音楽の使用は禁止です。またゴミは炭などもすべて持ち帰りです。

施設情報

住所 大分県別府市志高4380-1
電話 0977-25-3601
営業時間 10時~17時(通年営業)
公式HP 志高湖キャンプ場

来ればわかる!志高湖キャンプ場の魅力的な居心地の良さ

志高湖キャンプ場に訪れてみればわかります。志高湖は季節や一日の時間帯によってもさまざまな雰囲気を楽しむことができ、何度訪れても飽きのこない場所です。湖の静かに揺れる水面を眺めていると、不思議と心も静かに落ち着いてきますよー!エネルギーチャージと心の平穏を取り戻すひそかなパワースポットとして、筆者はこれからも何度も利用させてもらう予定です♪

最終目的はもちろん、絶景を拝める上級者サイトに泊まることです!

miuco

犬2匹を連れて夫婦で月1回キャンプに行っています。夫は週一ソロキャンパー。キャンプ歴半年ながら、どんどんとキャンプ回数を重ね、爆速でギアを揃えキャンプ街道まっしぐら。主に九州、たまに山口県や四国まで足を伸ばします。自然の景色を生かしたキャンプ場が大好き!

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top