スタイリッシュな魅せる蚊取り線香ホルダー「銀船」を紹介!燃え尽きる最後まで楽しめる

スタイリッシュな魅せる蚊取り線香ホルダー「銀船」を紹介!燃え尽きる最後まで楽しめる

キャンプの虫対策として蚊取り線香は必需品。蚊取り線香ホルダーといえば、横に寝かせて置くタイプはよく見かけるが、今回は縦に置くタイプの蚊取り線香ホルダーを紹介する。しかも内側から円を描くように燃えていくという新しい仕組みで、蚊取り線香の見た目がかなりスタイリッシュになるぞ!

虫除け効果だけじゃない、見た目もお洒落でスタイリッシュな魅せる蚊取り線香ホルダー「銀船(ぎんふね)」をチェック!

  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

蚊取り線香ホルダー「銀船」の特徴

内側から火をつけて、末広がりで燃焼

firebank_2

銀船の一番の特徴は蚊取り線香の燃焼スタイルにある。通常の蚊取り線香は外から火をつけて中に向かって燃焼し徐々に小さくなっていくが、銀船はその逆だ。内側から燃焼し、外側に向かって末広がりに火が進んでいくという新しいスタイル。

firebank_3

銀船の一番の見せ場は、蚊取り線香の火が最後の一周にたどり着いたとき。一番大きな円を描いて燃え尽きる。本来の役割は虫除けだが、この蚊取り線香は燃え尽きる最後の最後まで見て楽しめる。

ぼーっと蚊取り線香を眺めてのんびりと季節を感じる、というのも贅沢な過ごし方ではないだろうか。

使い方は簡単。バネによるワンタッチ固定

firebank_13

使用方法も簡単だ。蚊取り線香に火をつけたら銀船の中央にあるつまみを引いて、ワンタッチで蚊取り線香の取り付けが完了する。

スタイリッシュだけど味のあるデザイン

firebank_4

スタイリッシュなデザインも銀船の魅力。フレームは全てステンレスで頑丈にできているので、アウトドアやキャンプにぴったり。水洗いが可能なので、清潔を保てるのもポイントだ。

灰受けは贅沢にも本革牛ヌメを採用。使い込むにつれてアメ色に変化するので、長く愛用することで自分だけの色合いを楽しめる。

firebank_6

背面にはさりげなく革の焼き印ロゴが施されている。シンプルでお洒落なので、背面といわずこちら側を見えるように置いても良いだろう。

極太蚊取り線香にも対応

firebank_11

銀船は通常サイズの蚊取り線香だけでなく、厚さ6mmの極太タイプにも対応している。蚊取り線香のサイズによって異なる見え方を楽しめそうだ。

業界最小クラスで持ち運び便利

firebank_5

通常の蚊取り線香ホルダーは線香が横に入る大きさであるのが普通だが、銀船は縦に取り付けるので非常にコンパクトな形状だ。デイキャンプや庭キャンプなど、ちょっとしたアウトドアにも楽に持ち運びができる。

蚊取り線香ホルダー 「銀船」の製品仕様

firebank_8

材質 ステンレス、本革牛ヌメ(カシメメッキ品)
サイズ 140(L)×35(W)×50(H)mm
重量 125g
生産国 日本
使用場所 屋外

銀船は現在、amazonやYahooショッピング等で購入が可能だ。

蚊取り線香の燃え方でも、中に向かって小さくなっていくのか、外に向かって広がって円を描いていくのかでは印象が異なっていく。銀船は蚊取り線香が燃える様子をあえて魅せるデザインにするという新しい発想を生み出した製品。

虫除け効果だけでなく見た目も楽しめる蚊取り線香ホルダー「銀船」。この夏のアウトドアのお供にいかがだろうか。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂