スーツに合わせても違和感無し!?レザー製のエプロンにもなるおしゃれな薪バッグが登場

スーツに合わせても違和感無し!?レザー製のエプロンにもなるおしゃれな薪バッグが登場

山本洋品雑貨株式会社は、レザーブランドである「b3Labo(ビースリーラボ)」から「サロンエプロンにも、薪集めにも使える薪バッグ」のプロジェクトをクラウドファンディングサイトMakuakeにてスタートさせた。

この薪バッグには商品開発アンバサダーとして5人のユーザーの意見が入っており、レザーの良さを活かしつつ、ユーザー目線で作られているので使いやすそうだ。

これ薪バッグ?と疑いたくなるほどのスタイリッシュさ

b3Labo (2)

この薪バッグの売りは多機能さであるが、筆者が着目したのは渋くて味のあるビジネスバッグを彷彿させるようなスタイリッシュさ。持ち手こそギア感のある形状だが、本体の美しい光沢、レザーならではの独特な質感はさすがレザーブランドといったところ。

ストラップには国内最高品質の「栃木レザー」を使用。栃木レザーは美しい経年変化が魅力で、触れることの多いストラップに採用することで、味のある見た目に変化させやすい。

ちなみにバッグ内側は帆布素材となっており、こちらはこちらでガシガシ使えば味が出てくる。

ストラップを付け替えるとサロンエプロンに変身

b3Labo (3)

商品開発アンバサダーのアイデアで生まれた薪バッグだが「単なる薪バッグでは面白くない!」という事で、ストラップを付け替えることでエプロンになる機能も追加されている。

焚火エプロンは上半身を保護するものも多いが、昨今は難燃性のウェアや焚火用のヤッケが安く手に入るようになってきているので、腰から下を火の粉から守るのでも全然アリ。バーベキューで完成した料理を運ぶ際にも汚れやすい腰回りをカバーしてくれる。

首から下げて薪集めにも!

b3Labo (4)

薪を集める際に手で持ち運ぶのでは枝に刺さったりする危険性もあるし、一気にたくさん持ち運べないというデメリットがある。薪拾いスリングとして首からぶら下げておけば集めやすいし安全だ。しかも首から降ろして持てばそのまま薪バッグとして使えるのでラクチン。

折り畳みもコンパクトでスキのない薪バッグ

b3Labo (5)

キャンプ場で売っている薪は針金でまとめられてはいるが、持ちどころが分からなかったりささくれで手を怪我したりと正直持ちにくい。そんな時に薪バッグがあれば安全に持ち運びが出来るので持っておきたい所。コンパクトにまとめることが出来るので荷物にもならないのが嬉しい。

イチキャンパーとして追加アイデアを言わせてもらうとすれば、薪スタンドとして自立したら最強だったかも…コストとの兼ね合いで無くなってしまった機能かもしれないが、改良版ではぜひ追加してほしい。

名称 サロンエプロン、薪拾いスリングにもなる薪バッグ
販売開始日 2021年9月5日~10月4日
販売料金 17,600円~33,000円(税込)
サイズ 縦40mm×横43mm(バッグ時のボディサイズ)
カラー ナットブラウン、チャコールグレー、モスグリーン、ダークブラウン×バッファロー革
販売店 b3Labo(ビースリーラボ)
プロジェクトページ 革職人とキャンパーのアイデアが融合、1つで3役こなす多機能薪バッグ
紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂