東海地方キャンパー必見!熱気球やSUPを楽しめる「三河高原アドベンチャー」でワンランク上のキャンプに

東海地方キャンパー必見!熱気球やSUPを楽しめる「三河高原アドベンチャー」でワンランク上のキャンプに

一般社団法人「ツーリズムとよた」は、三河高原で楽しめるアクティビティを集めた「三河高原アドベンチャー」の予約開始を発表した。

愛知県の三河地方は味噌や徳川家康のイメージが先行しがちだが、実は北の方は自然に恵まれたアウトドアの宝庫。東海地方や近隣のキャンパーはこの秋のキャンプ先候補として要チェックだ。

最注目は「熱気球係留体験」!貴重な体験を思い出に

三河高原アドベンチャー (2)

熱気球は風の影響を受けやすいので、日の出語や日の入り前の凪の時間に飛ばすことが多い。係留ということで紐に繋がれたままの飛行となり自由に飛び回るわけではないが、三河高原の場合も早朝か夕方の時間で実施されるようになっている。

東海圏に住んでいても、早朝や夕方にイベントに参加するとなると、その前後の予定や出発時間、到着時間などを考える結構ハードルが高い。キャンプとセットなら近くで宿を構える事ができるので、ハードルも下がって参加しやすい。三河高原の雄大な自然を眼下に眺めるのは、子どもたちにとっても一生の思い出になるに違いない。

三河湖での水のアクティビティも充実!

三河高原アドベンチャー (5)

三河高原にはそこそこ大きい「三河湖」もあり、ウォーターアクティビティも充実している。定番もののレンタルボートを始め、SUPやエアーカヌーも楽しむことが出来る。ちなみに朝霧池というところはルアー・フライフィッシングの穴場らしい。

特にSUPはここ最近アツいアクティビティ。「スタンドアップパドル・サーフィン」のことで、その名の通りサーフボードの上に立ち、パドルで進むというもの。初心者でも慣れればすぐに水上散歩を楽しむことが出来るので、一度やってみる価値はアリ。

冒険のハブは「三河高原キャンプ村」がオススメ

三河高原アドベンチャー (12)

様々なアクティビティを楽しむためのキャンプ地としてオススメなのが、「三河高原キャンプ村」だ。テントサイトはもちろん、コテージも有しており、キャンプをするのは初めてという方にもオススメ。

注目は北海道の美味しいものを取り扱う「道南農林水産部」とコラボした「グランピング風キャンプめし」。簡単におしゃれで豪華なBBQを楽しめる充実した食事とともに映える写真も狙える。

今年の秋は三河高原で最高の思い出を!

三河高原アドベンチャー (10)

今回ご紹介したのはいくつもあるコンテンツの一部。他にも魅力的なアクティビティがいくつもあるので、気になる方は公式サイトをチェックしてほしい

なお、11月30日(火)までは、「今年の秋も、家族で、とよたいけん!キャンペーン」と題して、「じゃらんnet 遊び体験」で予約時に使える最大2,000円オフになるクーポンを配布中。クーポンは先着順なので、早めに予定を立てて利用しよう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターという切り口でアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。ショッピングセンター経営士、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂