福岡県「行橋市オートキャンプ場」レビューと共に子供が喜ぶハロウィンキャンプの様子をご紹介

福岡県「行橋市オートキャンプ場」レビューと共に子供が喜ぶハロウィンキャンプの様子をご紹介

10月上旬、福岡県行橋市にある『行橋市オートキャンプ場』でハロウィンキャンプを行ってきました!

初めて利用したキャンプ場でしたが、以下のような方にぜひオススメしたいキャンプ場でした!

こんな人におすすめ!

  • 長くデイキャンプを楽しみたい方
  • グループキャンプを行いたい方
  • 初心者キャンパー
  • ファミリーキャンパー

今回は我が家が行ったハロウィンキャンプの様子と共にキャンプ場のご紹介を行っていきたいと思います!

行橋市オートキャンプ場って?

どこにあるの?

福岡県行橋市は福岡県の東部に位置し、近年北九州市のベッドタウン化が進んでおり、住宅が軒を連ねています。

そして行橋市オートキャンプ場は、行橋市研修センターや行橋市民体育館、行橋市庭球場などをはじめとした行橋総合公園の施設内の一角にあり、JR日豊本線行橋駅から車で約15分の位置にあります。

サイト数と利用料金は?

サイト数

車を横付けにできるオートキャンプサイトが8区画。入場料等はありませんが、一区画10人までと利用人数制限があります。

利用料金

オートキャンプサイト ・宿泊:行橋市民1,570円/区画、その他3,140円/区画
・日帰り:行橋市民780円/区画、その他1,560円/区画
※連泊日数の上限は6日です

日帰りの場合は11:00〜21:00までキャンプを楽しめ、宿泊であれば11:00〜翌日10:00が一般利用時間となります。

※規定時間外に利用した方は別途料金が1時間毎にかかります。

時間外料金

オートキャンプサイト 宿泊:320円/1時間、日帰り:160円/1時間
定休日 火曜日(祝日の場合は、翌平日に振替)年末年始及びその他休館日

予約方法と、利用までの流れ

予約方法

行橋市オートキャンプ場は、利用日の6ヶ月前の1日~利用5日前までの電話予約が必要です。

※但し、16:30までの利用もしくは他サイトでの予約が入っている場合なら、当日予約も可能なケースがあります。

キャンプ場利用の流れ

  1. 利用日・利用区画数・利用人数等を電話にて予約
  2. 公式HPから利用許可申請書及び利用者名簿を記入し、利用時間までに提出。(メール、FAX、当日提出)
  3. 当日は行橋総合公園内にある行橋市研修センターにて受付(料金支払、全員の検温)
  4. キャンプ場に入場できるよう鍵を受け取る
  5. チェックアウトの際は荷物を片付け清掃を行った後、管理者へ連絡しチェックを受けて鍵を返却してから帰宅

水回りの設備は?

炊事棟はキャンプ場内に3棟あり、広々としているため利用者が密になる心配は無く、綺麗に清掃されていました。

男女トイレは和式、多目的トイレは洋式を設けています。

一点注意するとすれば、炊事棟とトイレには石鹸やアルコール類の設置はないので、キャンプ場を利用する際は持参して行くことをおすすめします。

焚き火

当キャンプ場は芝生になっているので、直火による焚き火は禁止。もし焚き火をする際は、焚き火台や焚き火シートを使用しましょう。

ゴミ捨ては?

基本的にゴミは持ち帰りですが、有料(200円/袋)でゴミを回収してくれるサービスがあり、その際は受付を行った行橋市研修センターでの回収だそうです。

炭はキャンプ場内に3カ所ある炊事棟に捨てられます。

ペットは?

当キャンプ場はペット連れの方は利用することが出来ません。

その他の禁止事項は?

  • 芝生エリアへの車両乗入れ
  • 1サイト2台以上の車両駐車(※車両は1サイト1台まで)
  • 円形芝生広場内での火器使用
  • 発電機の使用
  • 花火(打上げ・大きな音の出るもの等)他者に迷惑をかけず芝生を痛めなければ手持ち花火OK
  • 芝生を汚し他者に迷惑をかける可能性のある水風船での遊びはNG
  • その他危険物(他者に被害を与える可能性がある物品類)の持込

行橋市オートキャンプ場の魅力

デイキャンプの利用は最大10時間!?

私が今まで利用したことのあるデイキャンプは平均で5〜8時間程度。

しかし、行橋市オートキャンプ場は、利用5日前までに予約すれば、11時~21時までデイキャンプを楽しむことが出来ます。

その理由は隣のサッカー場。ナイター試合がある時は遅くて22時まで使用していることもあり、サッカー場が使われている時間帯はキャンプ場も明るく、デイ利用者も遅くまで利用できます。

デイキャンプなのに、夜のキャンプ飯や焚き火まで楽しめるのは嬉しい魅力だと思います。

行橋市民なら半額の値段で利用出来る!

行橋市のオートキャンプ場ならではの特典ではありますが、行橋市民なら通常の半額の値段でキャンプ場を利用できます。

買ったばかりのテントの試し張りや雨キャンプ後に濡れたテントを干したり、ちょっとした女子会やママ会にも利用できそうなので、行橋市民にとっては魅力的なポイントではないでしょうか。

芝生の管理が綺麗すぎる!

こちらのキャンプ場に着いて感じたのが、綺麗に整えられた芝生!長さも丁度よく、子供が転んでも安心して見守れました。

またサイト内でペグを打つ際も、岩や石などが地面にない上に、土の硬さも丁度よく、初心者の方や女性でも簡単にペグダウンできる土壌となっていました。

子供が喜ぶ遊具が設置

キャンプ場が行橋総合公園内にあるので、サイトからすぐ近くに子供が楽しめる遊具がありました。

こちらの遊具は2-3歳以上が楽しめるものでしたが、徒歩5分のところには3歳以下でも楽しめる遊具もあるので、子供連れキャンパーにおすすめです。

また遊具以外にも自然観察池に水鳥がいたり、園内に松ぼっくりが落ちていたり、別料金を支払えば行橋市庭球場など園内の施設を借りることもできるので、子供も飽きずに楽しめそうなポイントがいくつかありました。

蓑島海岸や長井浜公園もおすすめ

キャンプ場のすぐそばには、蓑島(みのしま)の海岸が広がっていました。蓑島は日本自然百選のひとつにも選ばれている遠浅の海岸となっており、時期によっては潮干狩りも楽しめます。

朝には蓑島海岸を背景に綺麗な朝日を観ることもできるので、宿泊する方はぜひ早起きをして朝日を堪能して欲しいポイントです。

また車で5分程度の場所にはマリンレジャーを楽しめる長井浜公園もあり、ロケーションも良好でした。

すぐ近くに病院、スーパー、コンビニ、温泉などの施設があり安心!

車で15分圏内には夜間も診療を行なっている救急病院やスーパー、コンビニなどの設営が整い、電波の入りも良好。

当施設には行橋市民体育館の一室に簡易的なシャワー室があり、20時30分までであれば110円で利用ができます。

家族や女性であれば、車で2-3分のところの岩盤浴すおうの癒もおすすめです。

しっかりお風呂に浸かりたい方であれば、車で10分程の場所に家族風呂もある天然温泉いずみの湯もあるので、初心者の方でも気兼ねなくキャンプを楽しめます。

改良し続けるキャンプ場

チェックアウトの際は退去立会が必要となりますが、その際にあったらいいと思うレンタル用品や改善した方がいいことなど、利用者の「リアルな声」を積極的に聞かれていました。

スタッフの皆さんも対応がとても良く、親切な方ばかりだったので、小さな子供がいても安心して過ごすことができました。

ハロウィンキャンプの様子

それでは我が家で行ったハロウィンキャンプの様子をご紹介していきます。

チェックイン〜設営

まずは全員の受付のために、行橋総合公園内にある行橋市研修センターに寄って検温。

体調のチェックやキャンプ場の注意事項などの説明を受けて、キャンプ場に入るための鍵を預かります。

こちらのキャンプ場は常設テーブルがあったので、今回はサンシェードを張った車中泊キャンプ。

設営を主人にお願いし、私や友人とその子供達は近くの遊具で遊ぶことに。

平日ということもあり、貸切状態で過ごすことができました。

ハロウィンキャンプ飯

お昼ご飯は子供達が大好きなハロウィン飯!

普段であればご飯を食べずに遊び回る子供達でしたが、今回ばかりは見た目も可愛いキャンプ飯に興味津々!お腹いっぱいになるまで食べてくれました♪

ハロウィンの飾り付け

ハロウィンの飾り付けは100円均一で売られていたアルミバルーン!

膨らまして飾るだけでなく、アルミなので普通の風船と比べると風で遠くに飛んでいく心配もないため、風船バレー用に使ってしばらく遊んでいました♪

キャンプスタンプラリーとキャンプビンゴ

午後は子供達が楽しめるように自作したキャンプスタンプラリーを使って楽しく遊べるように工夫。

ハロウィンをモチーフにした手作りお面で遊んだり、ハロウィンごっこをして楽しんでくれていました。

また、キャンプ場の散策も兼ねて作ったキャンプビンゴは、我が子だけでなく、はじめてキャンプ体験をした友人の子供も楽しそうにしてくれました♪

夜はBBQを楽しむ

キャンプと言えばBBQ!ということで、夕飯は皆でBBQを楽しみ、友人家族は20時30分までデイキャンプを楽しんで帰宅していきました。

朝日が最高!

キャンプ場のすぐそばは海なので、本当は海から見える朝日を楽しみにしていましたが、前日楽しすぎたのか我が子はキャンピングカーの中で爆睡。

全く起きる気配がなく、今回はサイトから朝日を眺めることに。

昼間とは異なり少し肌寒い中、暖かいコーヒーと共に眺める朝日は最高でした♪

またこの施設からすぐのところにセリの見学が可能で、新鮮な魚介類を購入できる行橋市魚市場もありました。

興味がある方はキャンプの朝に早起きして立ち寄ってみるのもおすすめですよ。

行橋市オートキャンプ場レビューまとめ

いかがでしたでしょうか?2021年の4月から管理会社が代わった行橋市オートキャンプ場のご紹介と、我が家のハロウィンキャンプの様子をレポートさせていただきました。

サッカーの練習中や試合中は賑やかではありますが、その分気兼ねなくグループキャンプや子供を連れてのキャンプを楽しむことができます。

行橋市民の方であれば値段も安く気軽に利用することも出来るので、お近くにお住みの方やそれ以外の地域の方でも、長い時間デイキャンプを楽しみたい方や初心者の方、グループでキャンプを楽しみたいの方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

紹介
ギア
X 閉じる
  • racche
  • racche
  • 家族4人と愛犬3匹で、月に1回はキャンプを楽しんでいます。息子2人のキャンプデビューは0歳!愛車のキャンピングカーと共に、小さい子供やペットと過ごすキャンプライフの様子をお伝えしていきたいと思います。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂