千葉「シーサイド太東海岸BBQ Village」が本格テントサウナも開始して大幅パワーアップ

千葉「シーサイド太東海岸BBQ Village」が本格テントサウナも開始して大幅パワーアップ

千葉県一宮町にあるオーシャンビューのBBQ&キャンプ場「シーサイド太東海岸 BBQ Village」が、4月より本格稼働を開始した!砂浜まで15秒、全5区画のプライベート空間抜群のキャンプ場に、本格的なテントサウナが加わりパワーアップ!房総の海を望むロケーション抜群のキャンプ場で、最高の遊びと癒し体験を楽しもう。

シーサイド太東海岸 BBQ Villageってどんなところ?

シーサイド太東海岸 BBQ Village_11

シーサイド太東海岸 BBQ Villageは、千葉県の太東海水浴場目の前にあるBBQ&キャンプ場。JR外房線の上総一宮駅より車で10分、東京から車で約1時間。日本でも数あるサーフポイントが目の前にあり、サーフィンも楽しめるキャンプ場だ。

1日5区画のプライベートBBQ

シーサイド太東海岸 BBQ Village_3

キャンプ・BBQエリアは300坪の施設内に5区画のみで、贅沢なプライベート空間を味わえる。BBQ機材はレンタルできるので、近隣のスーパーで食材や飲み物を買ってきたらすぐにBBQをスタート。合間にはサーフィンしたり、広場で遊んだり、ドリンクを片手にのんびり過ごすなど、楽しみ方は自由。

BBQ利用時間 11:00~18:00
料金 2,500円/1名(季節により料金の変動あり)
機材レンタル 2,500円~

海と星空の絶好ロケーションでキャンプ

シーサイド太東海岸 BBQ Village_4

キャンプでは、波の音を聞きながら満天の星を眺める贅沢な夜を過ごせる。18時からは施設中央に設置されている焚き火スペースでキャンプファイヤー。テント等の様々なキャンプギアはレンタルできるので、手ぶらでもOK。道具を持っていない方やこれからキャンプを始めたい初心者にもおすすめだ。

キャンプ利用時間 11:00~翌日10:00
料金 15,000円/1区画(季節により料金の変動あり)

玄人サウナー集団がプロデュースするテントサウナ

シーサイド太東海岸 BBQ Village_5

2022年4月よりサウナサービスが本格スタート!朝日や夕焼けの見られる時間帯にはライトアップも実施し、幻想的なサウナ体験を楽しめる。

プロデュースは玄人サウナー集団「PROSAUNNER株式会社」が担当。7種類以上のアロマを使ったロウリュや、ロウリュをした後の熱波(アウフグース)も実施。

シーサイド太東海岸 BBQ Village_6

テントサウナ内の温度は80~90度程度が多い中、PROSAUNNERプロデュースのテントサウナは最大130度を超える。サウナに期待していなかった利用者も「サウナがこんなに良いものだとは…」と感嘆の声を上げるほどだという。

シーサイド太東海岸 BBQ Village_8

サウナでしっかり温まったあとは外気浴。太平洋の大海原を眺める広々とした砂浜は、開放感抜群。都会の謙遜を忘れて、波音に耳をすませば、最高にリラックスできることだろう。

シーサイド太東海岸 BBQ Village_9

更にオプションとして、海の目の前で楽しめる五右衛門風呂も実施される。

サウナ利用時間 11:00~18:00
料金 ※サウナ用サンダル、バスタオル1枚レンタル無料
<4人用サウナ貸切>
90分   : 10,000円
120分:14,000円
180分:20,000円
<8人用サウナ貸切>
90分  :16,000円
120分:24,000円
180分:30,000円
<五右衛門風呂>
3,000円/1基
レンタル 水着:500円
サウナポンチョ:700円

サウナやサーフィンも楽しめるオーシャンビューのキャンプ場

シーサイド太東海岸 BBQ Village_2

シーサイド太東海岸 BBQ Villageは砂浜まですぐのオーシャンビューというだけでもテンションの上がるキャンプ場。開放感抜群のビーチでテントサウナも体験できれば最高の1日になるだろう。

サーフスポットが目の前ということもあり、サーフィン後に施設を利用する場合は、サーフボードや荷物の預かりサービスも利用できるそうだ。気になった方は早速公式ホームページをチェックしてみよう。

施設名称 シーサイド太東海岸 BBQ Village
住所 千葉県長生郡一宮町東浪見字太東下7364-11
電話番号 080-9276-9002
(受付時間 10:00~18:00)
公式ホームページ シーサイド太東海岸 BBQ Village
紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂