温泉付きスウィートヴィラがすごい。複合型リゾート施設「シーサイドテラス千葉鴨川」3月18日OPEN

温泉付きスウィートヴィラがすごい。複合型リゾート施設「シーサイドテラス千葉鴨川」3月18日OPEN

リゾートマンションやグランピング施設を運営するマリントピアリゾートでは、2022年3月18日、千葉県鴨川市に複合型リゾート施設「シーサイドテラス千葉鴨川」をオープンする。

施設内にはドーム型テントグランピングと、プライベートヴィラの2種類の宿泊施設が用意され、用途に合わせて好みのタイプを選べる。どちらもゆったりとした空間で、波音と鳥のさえずりをBGMに心地よいシーサイドグランピングを楽しめそうだ。

房総半島の海に囲まれた複合型リゾート施設

シーサイドテラス千葉鴨川_16

房総半島の南端に位置する千葉県鴨川市。
温暖な海洋性気候に恵まれ、首都圏近郊でありながら美しい風景。豊かな自然に囲まれたリゾート地にシーサイドテラス千葉鴨川はオープンする。

シチュエーションに合わせて選べる2種類の客室

シーサイドテラス千葉鴨川_4

シーサイドテラス千葉鴨川では。ドーム型グランピングとスウィートヴィラの2種類の宿泊タイプが用意されている。

高規格なグランピングドームテント

シーサイドテラス千葉鴨川_17

房総の海に面した自然の中でシーサイドグランピングを楽しめるグランピングエリア。冷暖房の完備されたドーム型テント内には清潔なシャワールームやトイレも完備している。

お洒落なインテリアに囲まれた室内からは、海と緑の自然豊かな景色を眺められる。

シーサイドテラス千葉鴨川_9

各客室には個別のBBQスペースを完備。飲食物の持ち込みも可能なので、家族や友人たちとキャンプ飯を作りながらワイワイ楽しむのもいいだろう。

天然温泉&プライベートプール付きスウィートヴィラ

シーサイドテラス千葉鴨川_11

客室内に専用の天然温泉とプライベートプールの付いたスウィートヴィラでは、ラグジュアリーな雰囲気の中で別荘滞在の気分を味わえる。

シーサイドテラス千葉鴨川_3

天然温泉は24時間いつでも好きなタイミングで利用可能。夜はゆったりと海と星空を眺めながら温泉に浸かり、朝は早起きして日の出を眺めながら朝風呂を楽しむことも。

千葉産の新鮮⾷材を使用したグランピングBBQ

シーサイドテラス千葉鴨川_18

夕食は個別のBBQスペースで、千葉県産の新鮮な食材をふんだんに使用したグランピングBBQいただける。食材持込で自由なBBQを楽しめる「素泊りプラン」も選択可能なので、お好きなスタイルで楽しもう。

キャンプギアの無料レンタルでアウトドアを満喫

シーサイドテラス千葉鴨川_2

滞在中は焚火台やダッチオーブンなどのキャンプギアを無料でレンタルできる。夜は仲間たちとゆったり焚き火を囲んだり、キャンプ飯やスイーツ作りを楽しむのも◎

キャンプをしてみたいけど道具を揃えていないファミリーや、アウトドア初心者の女性グループでも気軽にキャンプ気分を味わえる。

キャンプ飯作り体験アクティビティ

シーサイドテラス千葉鴨川_19

ダッチオーブンやスキレット、ホットサンドクッカーを使ったキャンプ飯作りのアクティビティも用意されている。ダッチオーブンで作る「ナッツとドライフルーツのパンプディング」は大人も子どももテンションが上がりそうだ。

シーサイドテラス千葉鴨川_6

その他にもソーセージ作りや千葉の名産落花生を使用したちぎりパン作りなど、おつまみやおやつにぴったりのメニューを自作できる。

人気ブランドのアメニティを自由に選べる

シーサイドテラス千葉鴨川_20

アメニティには女性に人気の海外ブランド製品を揃えており、お好きなものをセレクトして客室で使用できる。香りの良いアイテムで、滞在中のリラックスタイムを充実させよう。

千葉鴨川でラグジュアリーなシーサイドグランピング

シーサイドテラス千葉鴨川_13

千葉鴨川といえば人気の水族館「鴨川シーワールド」や自然豊かな観光スポットも多く、家族や友人との旅行におすすめのエリア。グランピングで1日中のんびり過ごすのも良いけれど、昼間は観光を楽しんで、夜はゆったりグランピングというのも良さそうだ。

オープンは2022年3月18日。宿泊棟数が全6棟と少ないので、週末の予約はすぐに埋まってしまいそうな予感だ。気になった方は早速公式ホームページをチェックしてみよう。

施設名称 シーサイドテラス千葉鴨川(マリントピアリゾート)
所在地 〒299-2843 千葉県鴨川市東江見太夫崎300
宿泊棟数 グランピングエリア4棟(定員4〜6名)
プライベートヴィラ2棟(定員2〜8名)
公式ホームページ シーサイドテラス千葉鴨川
紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂