ソロキャンプ用の調理器具がすべて収まった「かの地から」コラボの深型メスティンが発売

ソロキャンプ用の調理器具がすべて収まった「かの地から」コラボの深型メスティンが発売

つい最近「メスティンの進化系」というニュースをお届けしたばかりだが、そちらが正統進化とすればこちらは発想の勝利。アウトドア系YouTuber「かの地から」と、雑貨や日用品の製造販売を手掛ける「スケーター」がコラボして、シンデレラフィットを前提としたメスティンが発売される。

使い勝手の良い深型メスティンにリフター、鉄板、すのこ、まな板が付属した優れのもの。それぞれがメスティン中に気持ちよく入る様はクセになりそうだ。

これ一つで様々な調理に対応

kanochimes202205 (2)

深型メスティンだけでも炊飯や煮込み、炊き込みといった調理が可能なのに、鉄板で焼き物、すのこを使って蒸し物も可能になる。メスティンで炊き込みご飯をしながら、鉄板でステーキ肉を焼くなんて芸当もこのセットがあれば出来るし、朝食には肉まんを蒸して食べるというのも中々乙なものだ。

付属するまな板は反りと湾曲に強い竹製を採用しており、歪んでジャストフィットしなくなるなんてことも無さそう。竹自体に抗菌や消臭作用もあって清潔に保てるのも嬉しいポイントだ。ちなみにフック穴にパスタを通すとおおよそ1人分の量になる。

アルマイト加工でお手入れ楽ちん

kanochimes202205 (4)

メスティン本体はアルマイト加工が施してあり、食材がくっつきにくくなっているとのこと。食材がくっついてしまうとそれが焦げてしまい、洗うのも大変になってしまう。メスティンの角も丸く設計してあるので、食材のくっつきにくさと相まって洗いやすそうだ。

ただし、付属してくる鉄板についてはシーズニングが必要。とはいえメスティンに入るサイズの鉄板なのでそこまで大きくなく、大変な作業でもない。

腹ペコさんにも大満足の1300ml

kanochimes202205 (7)

深型メスティンと言ってもサイズのイメージが湧かないかもしれないが、最大容量1300mlで500mlペットボトル2本分が余裕で入ると言えばわかりやすいだろうか。通常のメスティンだと作れる料理の量が限られてしまうので、もう少し食べたいという腹ペコさんには嬉しいサイズ感だろう。

肉まんを蒸して食べる話も上でしたが、それも深型メスティンならでは。うどんやそばといった汁物系麺類も、これがあれば具を乗せて作ることが出来そうだ。

ソロキャンの頼もしい相棒に

kanochimes202205 (3)

鉄板の大きさ的にも適正スタイルはソロキャンプ。色々と料理を試してみたいけど、道具を買いそろえるのも面倒だという方や、そもそも何から揃えればいいか分からないという方にもオススメだ。もちろんサブの調理器具としてファミリーキャンプに持っていってもいいだろう。

いずれにしても大容量かつ調理器具がここまでセットになったものは珍しいので、荷物をコンパクトにしたいけど手札は減らしたくないというキャンパーは要チェックだ。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂