塩原グリーンビレッジのバイク専用サイトでグループキャンプ!露天風呂付きが最高です

塩原グリーンビレッジのバイク専用サイトでグループキャンプ!露天風呂付きが最高です

例年GWと共に始まるTouringシーズン。今年は諸般の事情でGWは動きがとれず、5月最後の週末にようやくTouring-Inが叶いました!

ところが天気が意地悪で、週間天気予報がころころ変わる…。そうなると知らない場所より知っているキャンプ場を!ということで天気予報と睨めっこしながら、塩原グリーンビレッジに行き先決定!

前日は全国的に雨でしたが、出発日は快晴!青空に誘われてメッシュジャケットでのTouring。でも、当日は空気が冷たかった!

塩原グリーンビレッジについて

住所 〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原1230
電話番号 0287-32-2751(代表番号)
営業期間 通年営業
利用時間 ・テントサイト 13:00~12:00
・RVパーク 16:00~9:00
・デイキャンプ 9:00~17:00
利用料 【管理費】
大人 1,600円(冬期1,100円)
小人 800円(冬期550円)
【サイト利用料】
80m² 1,100~5,000円
100m² 1,100~5,500円
180m² 2,800~7,700円
※シーズンによって変動
【バイク専用サイト】
大人 1,600円(駐車料金550円)
【AC電源】
1,100円
駐車場 乗り入れ可能
公式サイト 塩原グリーンビレッジ

キャンプ場の施設紹介看板。見えるかなぁ?

塩原グリーンビレッジは以前にも泊まったことのあるキャンプ場です。栃木県塩原の箒川沿いに存在する、とても綺麗で広大なキャンプ場。高規格キャンプ場ゆえ、手ぶらキャンプも可能。食材や飲み物も、受付を兼ねた「ビレッジスクエア」にて購入できます。

自然豊かな塩原の地にあるこちらでは、近くにスーパー等は存在しません。バイク旅の場合、遥か遠くで食材購入→運搬よりも、こちらで「現地調達」が良いでしょう。事実、前回今回とも食材・飲み物すべてをビレッジスクエアで購入しています。

塩原グリーンビレッジ:ビレッジスクエアにて。買い物の他、おしゃれなカフェも併設

塩原グリーンビレッジのバイク専用サイト

前回利用した時は、通常のテントサイトを使いました。そちらならば電源も取れます。しかし今回は、モバイルバッテリーでスマホやインカムを充電するから電源は要りません。なので、通常のテントサイトではなく「バイク専用サイト」を使いました。

面白いことに、通常のサイトよりもバイク専用サイトは料金が安いのですが、木々が日差しを和らげてくれるため、過ごしやすいのです!これは嬉しい驚き。通常のサイトだと日光がもろに当たる場所も多数ありますから。

テントはいつものシングルウォール、モノポールタイプです。これ以上軽量コンパクトなテントは、まず存在しないのでは?

バイク専用サイトで3人グループ設営完了

その他の施設情報

コテージやキャビン、大中小と様々なタイプあり

広い広い敷地にはドッグラン、コテージ、キャビン、メイン炊事場にサブ炊事場、メイントイレにサブトイレ、必要な物は全てが揃っています。

トイレと炊事場がいくつか点在している点も、秀逸。広い敷地に一つでは困りますから。それ以外では「温水プール」、「鱒の掴み取り施設」なんてのも、あります。

こちらはBBQハウス

メインの炊事場です。こちらはお湯も出ます。バイク専用サイトからは少し離れていますが…。サブの炊事場はさすがにお湯は出ませんでした。

メインのトイレ棟

塩原グリーンビレッジと言えば「温泉」!

キャンプといえば「火」が欠かせません。けれども、火を焚いて飲んで食べて日常を忘れて…、翌朝「いぶりくさい」は、キャンプあるある。

第一、Touringと言えば温泉がなきゃぁね!

ビレッジスクエアの正面にある、日帰り温泉施設

こちらのキャンプ場は温泉が豊富!

日帰り温泉施設(キャンプ宿泊者は無料)や貸し切り温泉(有料)、さらにはペット専用温泉まで。そして極めつけは、テントサイト内にある「キャンプ宿泊者専用露天風呂」です。

こちらがキャンプサイトの中にある露天風呂。キャンプ宿泊者のみが利用可能

到着後、キャンプの受付を済ませます。そして同時に食材購入、お酒の購入!その後はテント設営。そしてまずは温泉へ!湯を堪能してさっぱりして、日常をエスケープした夜が始まります。

当然、翌日の朝にも入浴。昨晩の煙くさい身体を、新緑に囲まれた湯に浸かって…。身も心もさっぱりです。これぞ極楽極楽!心地良いことこの上なし、です。

キャンプ翌日の朝9時。誰もいません!温泉独り占め!!!

食事と買い物について

自然の中に抱かれたこのキャンプ場は、近くにスーパーが無いのです。前回も今回も、食材はすべてビレッジスクエアで購入。

  • 夜の食材:人参・レトルトモツ煮・塩原ウィンナー・豚バラ・豚ロース・牛肉・とうもろこし・マシュマロ
  • 朝の食材:もっちっち(焼きそば)・缶詰のコーン・スープ
  • その他:コーヒー・酒類

上記全てを現地調達。因みにサイト内には自販機も併設。冷たいビールがいつでも飲めます。これもまた素晴らしい。

テント設営→温泉、そのあとは勿論「かんぱ~い」から!

これがなければ始まらない。何本飲んだかなぁ。350ml缶が6本、500ml缶が3本、ウィスキーも購入しました。

今回は3人ですから、焚き火台も持ち込みました。バイク3台だと、荷物をそれぞれが持ち寄れるため便利便利。

もちろん焚き火用の薪も、現地で調達です。

そして今回持ち込んだ秘密兵器。今までの極小焼き台はB6版の大きさ。コンパクトこの上ないけれど、2人までが精一杯。また、焚き火台替わりにもするならば、コンパクトすぎる点が今ひとつ…。

昨冬、近所のホームセンターにて季節外れ故に2割引で購入!3人分の焼き肉はこれで全てまかなえました。優秀優秀!折りたためば十分コンパクト。

塩原のウィンナーも一袋購入。大量ですが、3人ですべて完食!

焼きとうもろこしも数本焼きました。味付けは当然お醤油で!

珍しく今回はご飯も炊いています。1合だけですが。お米はO君が家から持参してくれました。

蒸気で曇っていますが、モツ煮です。こちらもレトルト商品を現地で購入。そこに人参をカットして加えました。この夜は結構な冷え込みでしたから、暖かいモツ煮は身体に染み渡ります。美味美味。

最後はデザートも!

焼きマシュマロ。お遊び程度で買いましたが、絶品でした。1袋こちらも完食!キャンプのお供に最高ですね。

朝食について

トーストを焼く道具も持参しましたが、残念ながら現地では買えず仕舞い。仕方なく「カップ麺」が朝食です。

まずは目覚めのコーヒーから。お湯はユニフレームのCB缶用シングルバーナーで沸かします。

朝ご飯となった「もっちっち」。さすがにラーメン類は朝から厳しい。これならば、大丈夫。

次いでポタージュスープ、サラダは昨晩の残りの人参を茹で、缶のコーンと和えて完成!

塩原グリーンビレッジのバイク専用サイトで久々のキャンプを満喫!

夜には満天の星。日常から逃れての一晩。行きと帰りは「峠」満載!夢のように楽しい時間となりました。

8月は30数年ぶりに北海道を走ります。沖縄を除いた本州を、ほぼほぼ走り尽くした今、大学時代に戻ります。30数年ぶりとなる北の大地。あこがれの知床、大好きな道東!北海道でもキャンプはします。けれどその前に、もう一度近場でのキャンプTouring、しておきたいですね。

今回キャンプTouring、動画にもしています。よければ見てみてください。→クリック

自宅近くの駅にて合流。今回はMさん・O君との3人旅でした。晴れて良かったぁ!

紹介
ギア
X 閉じる
  • YOSHINORI
  • YOSHINORI
  • バイクに乗って36年。愛車は90年式のHarley Davidson 。齢29歳10万キロを超えました。なので、とうとうマシンを買い換え・・・。キャブモデルのTC88、FLSTCが新たな相棒です!youtubeにツーリングやキャンプ動画をあげています。宜しければご覧下さい。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂