キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

夏にぴったり!キャンプ用アウトドアサンダル5種類をガチレビューします

夏にぴったり!キャンプ用アウトドアサンダル5種類をガチレビューします
こんにちは!夏がやって来ましたね、海も山も呼んでいます!お気に入りの選び抜いたお道具達をバッグに詰め込んで、さあ出かけましょう!山は涼しいし川下りや海水浴も最高です。溜まっているストレスを癒して来るチャンスです、夏もあっという間に終わりますよ~!

今回はアスファルトの世界を離れて、自然の中へ足を踏み入れて楽しむ時の大切な相棒「アウトドアサンダル」を中心に夏キャンプで使えるアイテムをご紹介したいと思います。

Bluebikeともこ

山にこもるマウンテンバイク&テントキャンプに感激し、次に山小屋を結んで進むトレッキングに感動し、その後はキャンピングカーを購入して自由で気ままなキャンプ生活。大自然に癒されて、エネルギーを充電して生きてます。

    夏キャンプを快適に過ごすためのアウトドアサンダルをご紹介

    890-summer-camp-and-sandals

    今回はどうしてもお勧めしたいキャンプ用品の一つ、アウトドアサンダルをレビューさせて頂きます。

    なぜ登山靴やトレッキングシューズでなくサンダルなのか、それは山登りではなくキャンプだからです。テントの中に入るときに何度も靴を脱いだり履いたりするのって面倒じゃないですか?

    890-kid-with-shoes-off

    さらにサンダルには脱ぎ履きが楽という以外に大きなメリットがあるんです。夏キャンプを快適に過ごすために大事なものと言えば、もちろんシャワーですよね?

    汗と泥まみれでキャンプに戻る遅い午後、身体をきれいにしたいものです。山小屋や、公共のキャンプ場のシャワー設備は貧相です。私営のキャンプ場もコストを抑え過ぎな所もあります。シャワー設備がなくて「サンシャワー」を浴びた時もありました。日中、太陽熱で袋の中の水を温めておくやつです。

    野外でシャワーを浴びる機会となるとあまり無いかも知れませんが、他にも子供と一緒に川遊びをしたり、海辺での砂浜キャンプなんかをする場合はサンダルは必須アイテムといっても過言ではありません。

    これまで色々なサンダルを履き比べして来ましたが、その中でもおすすめのキャンプで使えるアウトドア用サンダルを5種類ガチレビューします。

    Chaco Z/Cloud X2

    890-chacoz

    ここ数年、外反母趾が進んで来て、踵の低い靴でも長く歩くと痛むようになってきました。

    ある日テレビで専門家が「昔の人はわらじ生活だったので外反母趾はなかった」と言ったのを聞き、そうか、じゃあビーチサンダルで暮らせばいいのか?!と閃き、室内履きさえ鼻緒タイプに。ソックスは足袋ソックスに。ついでにテニスの時の靴下も足袋ソックスに。

    するとなんと痛みがどんどん軽くなり、骨さえも引っ込んできたように見えます。

    890-cloud-x2提供:Amazon

    前置きが長くなりましたが、こちらのチャコ Zクラウドは以前から高い評判を聞いていましたが、靴下が履けない事を理由に試していませんでした。せっかく足袋ソックスも揃えた事ですしセールを待って入手(定価$110を$65で)。

    鼻緒タイプの水陸両用アウトドア靴で私が信頼しているメーカーはこれだけです!

    ところが、店頭でもやり方を教えてもらったのですが、この複雑に絡まった二本のリボンを自分の足に合わせて調節するのはかなり時間がかかりました。きちんと調節しないと親指がしめつけられてしまうのです。

    ひょっとすると初めのうちは説明書を持って歩いた方がいいかも知れないです。足幅も二種類あり店頭で普通幅を試しましたが、狭すぎて最後のバックルが甲の上に来てしまうので、仕方なくネットでM幅をオーダーしました。

    これを購入したのは外反母趾でも長く歩ける見た目もオシャレなキャンプサンダルが欲しかったからですが、キャンプに限らず旅行にはいつも履いて行こうと計画しています。

    ただ、おそらく街中のサイクリングならいいですが、マウンテンバイク等で無舗装の道を走るのは難しいかなと思っています。詳しいレビューは近いうちにお届けしたいと思います!

    Customizable Chaco Flip

    890-customizable-chaco-flip

    これはマイデザインのビーチサンダルなんです。二か月前に買ったばかりです。

    上記のチャコを選ぶにあたり、どのモデルにしようかとチャコのホームページを見ていたら目に留まりました。ちょっと遊びのつもりでデザインしてみたら、買わずにいられなくなってしまいました。罠にはまった感もあります。

    公式サイトは英語ですがボタンで選ぶだけでオリジナルデザインのサンダルが作れちゃうので面白いですよ。

    公式サイト:MyChaco | Chaco

    リボンの種類も多くて、左右で変えられるし、底やロゴの色、小さいタグの色も、そのステッチの色さえも選べました。私はいいアイデアが思いつかなかったのですが、名前や言葉の刺繍も可能でした。

    少しお値段がしますが($80)、なんだかペットのように可愛くて、長持ちするといいなぁと思っています。何しろ世界に一つ!ですから。

    アーチの部分の盛り上がり感が気持ちよく、足元が目に入るとウキウキして最高なのですが、実はお出かけ用にとっておいちゃってます。

    KEEN VENICE

    890-keen-venice

    もう大分古いのですが、これが私の最初のKEEN。キャンプ入門したての頃からです。ラフティングや湖に入って遊ぶ時に、水の中でも履けて岩や石などで足が傷つかないし、踵ベルト付きなので安全です。

    つま先の保護があるので自転車に乗る時にも安心な上、汗で蒸れない通気性が快適です。そして、寒い日やハイキング時には厚い靴下も履ける、というオールマイティさが気に入って長年愛用していました。

    890-keen-venice-woman提供:Amazon

    紐を結ぶよりも、ゴムの留め具をキュッと締めるだけなので手早く調節できるのも気に入っていました。テントの出入り時には、踵ベルトを踏んでスリッパ的に履けば快適です。

    もし一足目をお考えならこれをお勧めします。10年以上使っていましたが本当に丈夫です。これが気に入ったため、その後もKEENばかり履くようになりました。

    裸足OK、ウールのハイキングソックスOKで、一足だけで色んな事が出来ちゃいます。重さは261グラム。

    KEEN CLEARWATER CNX

    890-keen-arroyo-2keen-clearwater-cnx

    これは新発売当時、最軽量!と宣伝されていてすぐに購入してしまいました。ウルトラライト・ハイキングが流行り始めた頃です。

    飛行機でキャンプや観光に出かける時には持ち物の軽さがとても大事ですが、上記のVENICEはゴツゴツしていてかさばってバッグのスペースを沢山必要としますし重いので、その点だけが悩みの種だったのです。

    VENICEの甲の部分の素材は防水レザーですが、これはその部分の素材がより薄い布地(ポリエステル)で、底の形が細くて特に角の部分が薄くなり、全体的にも薄くなっています。

    890-keen-clearwater-cnx

    提供:Amazon

    つま先の保護もただの布地になっていますね。なので形もスルンとしていて平らにつぶれやすく、バッグの中でかさばりません。紐代わりのゴムも細くなっています。キャンプ先でランニングをされる方には軽くて走りやすいと思います。

    ですので次にも書きますが、ハイキング靴としては頼りなさがあります。底が薄いので長時間歩くと疲れますし、岩場を登るには滑ってしまい危険です。

    もしも本格的な登山靴を必要とするようなトレッキングで、予備にスリッパ代わりの二足目としてバックパックに入れて歩く場合には、この軽いサンダルが助かります。キレイな水色も大好きでした。男性はあまり重さは気にならないかも知れませんが。重さ218グラム。

    KEEN ARROYO Ⅱ

    890-keen-arroyo

    これが私の最新のKEEN。これは靴底が厚くてギザギザなハイキングシューズ仕様です。

    岩場でのグリップもよく、安全です。素材は防水加工されたレザー。そして、オープンベントのサンダルデザインで水遊びにもOK。もちろん自転車にも。

    これを購入したきっかけは、あるトレッキングコース(ザイオン国立公園、米国ユタ州)で渓流の中を歩いて進み、クライマックスに危険な岩山を登る(エンジェルズ・ランディング)という場所がありました。

    高いとこ大好きな私なのに、靴底がスルスルなCREAWATERでは滑って恐くてそこを制覇できなかったのです。それが無念で無念で、帰って来てから探しまくって見つけたのがこちらのサンダルです。

    890-arroyo2

    提供:Amazon

    単なるハイキングシューズはいくらでもありますが、水遊び可能な蒸れないものはこれです!これでもう恐いものはありません!渓流、湖、岩をよじ登るトレッキング、すべてに挑戦できます!初めに書きましたが、試練を乗り越えた達成感、を感じさせてくれる相棒だと思います。

    重いのがもちろん問題なんですけれどね、これはキャンピングカーの時に持って行きます。重さ332g。

    サンダルと一緒に用意しておくと便利な小物アイテム

    シャワーサンダルと小物

    890-syawa-sandal-komono

    床がキレイでないシャワーでも裸足にならなくて済む水はけ抜群のシャワーサンダルは、滑らないしデザインがコロコロとかわいらしくて気分が明るくなります。

    タオルは旅のスタイルによって選ぶ、Packtowelか、濡れたままチューブに入れておけば乾かす手間が要らないタオル。絞りながら全身を拭けるタイプです。

    Packtowelのサイズは、クルッと身体を巻ける大きさが使い勝手がよいです。Packtowelブランドは、手触りが柔らかく、かさばらないし、もちろん乾きも早いのでお勧めです。

    そして総メッシュのシャワーバッグと、往復の足元を照らすソーラーライト、寛げるフリースのバスローブ。

    BOSE サウンド・リンク・マイクロ Bluetooth スピーカー

    890-bose-soundlink-micro-bluetooth-speaker

    高いのでなるべく買わないBOSEですが、ギフト券があってこれを選んだら大正解でした。

    以前は安売りしていた格安ものを使っていましたが、まるで音質が違うのでビックリ。その上防水で雨でもOK、ビーチでもOK、自転車のハンドルや、ビーチパラソルや、デイパックにも付けられるベルト付きです。

    ハイキングの時に音楽を聞くのは好きではないし、うるさいよ、と怒られている若者も時々いますね。けれどキャンプファイヤーの傍で聞いたり、ほろ酔い加減で踊ってみたり、寝る前に静かなクラッシックを聞いたり。

    さわった時の感触も好きで、大事な友達になっています。

    お気に入りのサンダルと一緒に夏キャンプに出掛けよう

    890-trail-and-sandal

    キャンプの楽しさを書き始めたら尽きる事はありません。ミニマムな荷物で出かけるのが流行っていますが、そのミニマムを何にするかを厳選するのが楽しさの一つでもあります。

    ちょっと危険な道のりを、道具のお陰でスイスイ進めちゃったりすると愉快でたまりません。その結果、雄大な景色を見下ろせたり、静かな湖にたどり着けたり。ハテナマークの設備でも、道具のお陰で不快にならなくて済んだり。

    私の経験が皆さんの楽しい思い出を増やすお役に立てたら最高です。これからもっとキャンプの面白さや便利グッズなどをご紹介していきますね!

    Bluebikeともこ

    山にこもるマウンテンバイク&テントキャンプに感激し、次に山小屋を結んで進むトレッキングに感動し、その後はキャンピングカーを購入して自由で気ままなキャンプ生活。大自然に癒されて、エネルギーを充電して生きてます。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top