【宮城】たびのCAMPING BASE加美ゆーらんどは温泉施設ありの充実したキャンプ場です!

【宮城】たびのCAMPING BASE加美ゆーらんどは温泉施設ありの充実したキャンプ場です!

自分はトイレさえあればどこでもキャンプ出来るタイプなんですが、女性やファミリーでキャンプを楽しんでいる方は「綺麗で管理されている場所でキャンプしたい!」と言う意見も多いと思います。

ここで紹介するのは、そのうちの1人であるキャンプ仲間が見つけてきた「たびのCAMPING  BASE 加美ゆーらんど」。温泉あり、コテージあり、サイトによって景色の違う点など、加美ゆーらんどの魅力を紹介していきたいと思います!

たびのCAMPING BASE 加美ゆーらんどキャンプ場の基本情報

出典:たびのCAMPING BASE

たびのCAMPING BASE加美ゆーらんどは、温泉施設の陶芸の里ゆーらんどに隣接したキャンプ場です。

加美ゆーらんどの所在地や利用料金は?

所在地 宮城県加美郡加美町宮崎字切込3−2
営業時間・定休日 4月中旬 〜 11月下旬
電話番号 0223-97-8735
料金 フリーサイト:1,300円
オートサイト:2,500円
コテージ:13,000円〜
交通アクセス(車) 東北自動車道古川ICから車で約40分
公式サイト たびのCAMPING BASE 加美ゆーらんどキャンプ場

加美ゆーらんどは市街地から少し離れた山の中にある温泉施設併設のキャンプ場です。最寄りの古川ICから約40分程の距離で、キャンプ場の周辺は何もありませんが、道中スーパーやコンビニもあるのでキャンプ場に向かいつつ買い物しても大丈夫そうです。

寒い時期にも温泉施設があるのはとてもありがたいのですが、冬季間はキャンプ場の利用が出来ないのが残念!

加美ゆーらんどの予約はオンラインで!

予約はHPからのオンライン予約になっていて、支払い方法は事前にクレジット決済のみ。もしくは、電話予約でクレジット決済or銀行振込になっています。キャンプ当日の支払いはなく、受付で名前を書くだけでOKです!

ちなみに、たびのCAMPING BASEは「加美ゆーらんどキャンプ場」の他にも複数のキャンプ場やロッジ・コテージを運営していて、スタイルに合わせて好みの施設から選べるのも嬉しいですね。

加美ゆーらんどキャンプ場の施設紹介

まずはオートサイトとフリーサイトのAサイトを紹介します!

オートサイト&フリーサイトA

出典:たびのCAMPING BASE

オートサイトは全てが快適に過ごせそう!

加美ゆーらんどのオートサイトは炊事場もトイレもすぐ近くにあり、利便性がピカイチ。手書きのマップから想像していたよりも大きかったです。

手前から撮影

区画が分かれていて予約制なので、混む心配も無く安心してチェックイン可能。車中泊の方はオートサイトを選ぶのがオススメです!

奥側から撮影。右手が駐車場やトイレ

1番人気のAサイト!キャンプと言えばこの場所!

加美ゆーらんどの中ではAサイトが1番自然に近い場所。

たびのCAMPING BASE加美ゆーらんどのAサイト奥は自然豊か!

綺麗に整備されていて設営もし易い!

雨避けにも使えるので、意外と使う人が少ない東屋の近くに設営するのもアリかもしれません!

オートサイト&Aサイト用の炊事場とトイレ

オートサイトとフリーサイトのAサイトの炊事場とトイレは、後で紹介するB・Cサイトとは別になっていました。

炊事棟

中は明るくて広々していました!

雨風を凌げるのが良い!

トイレは炊事棟と並んであります。

建てられてから年数が経っている雰囲気はありますが、まだまだ綺麗!

綺麗に掃除されているようで良かったですよ〜!

オートサイト&Aサイトの駐車場

駐車場はトイレの横にあります。オートサイトは車両の横付けが可能なので、基本的にはAサイトの方向け。

ただ、オートサイト利用でも2台目からはこちらに停める必要があります。

フリーサイトB&フリーサイトC

続いてはフリーサイトのBとCのご紹介!

出典:たびのCAMPING BASE

Bサイトは全てが近くて安心安全なサイト!

フリーサイトのBサイトは、駐車場やドッグラン等に囲まれたサイトです。管理棟も近く、すぐ横にはトイレや洗い場があるので安心して過ごしたいならBサイトがオススメ。

サイト内は凸凹が無いので、ファミリーや大型テントを使う方は場所を気にせず設営出来るのも良いですね。

荷物を降ろしたら車は駐車場へ

車の乗り入れは出来ませんが、荷物はサイトのすぐ横まで入れるので運搬も楽に出来ます。

川のせせらぎがBGM!Cサイトで穏やかな時間を!

キャンプ場内を流れる川の横でキャンプが出来るCサイトは、静かな夜に心地の良い水音で癒されたい方にオススメ!

写真右手に駐車場

Bサイトの横にあるこの場所もどうやらCサイトの一部。

こっちの方は車両が近くまで入れないので荷物の運搬が大変そう。そのためか混み合う時以外はあまり使われてなさそうな感じでした!

Bサイト&Cサイトの炊事場

BサイトとCサイト側には、かまど付きのいわゆる炊事場的な場所がありません。

Cサイト側

とは言いましたが、洗い物が出来る屋根付きの水場は小さいながら2箇所あります。

どちらも1人用という感じのサイズでしたが、譲り合えば特に問題は無さそうです。

Bサイト側

かまどはありませんが、今までキャンプをしてきた中で備え付けのかまどで調理したことがないので、自分はかまどの有り無しは気になりません(笑)

Bサイト&Cサイト用のトイレ

こちらのトイレはBサイトとCサイト利用者用のトイレ。

両サイトの丁度中間にあります。

大きい方は和式タイプ。

どうしても洋式じゃなきゃダメだ!という方は、9時から21時までなら温泉施設にあるトイレを利用する手もありますよ!

駐車場は広い!日帰り入浴利用の方も訪れます

駐車場はキャンプ利用者以外にも、たくさんの温泉施設利用の方も停められる様にこんなに広くなっています。

奥から撮影

雨で分かりづらいですが、駐車場は白線できちんと区切られています。

左手にCサイト・奥がBサイト

Bサイト・Cサイトの利用の方は、荷物を降ろしたら白線のある場所にしっかり駐車して下さいとのことでした〜!

コテージや温泉施設について

加美ゆーらんどはキャンプサイトだけでなく、コテージや温泉も充実していました!

 

出典:たびのCAMPING BASE

立派なコテージ

加美ゆーらんどにはかなり大きめのコテージが5棟ありました。

「雨だからか人が少ないなぁ〜」なんて思っていると、どんどん訪れるコテージ利用の方々。夜になるとBサイトの近くにある屋根付きの炊事場でバーベキューをして楽しそうでした!

管理棟&温泉施設の陶芸の里ゆーらんど

キャンプ場の管理棟兼温泉施設の陶芸の里ゆーらんど。

なんとここは日帰り温泉だけでなく宿泊も可能なんだとか!

ホテル付きのキャンプ場なのか、キャンプ場にホテルが付いているのが分からなくなってきたぞ(笑)

レストランも営業中!

売店には新鮮な野菜も!茄子やネギはそのまま焼いても美味しい!

棟内の売店にはキャンプで使うオリーブオイルなども置いてあるので便利。道の駅にあるような採れたて野菜も並んでいました。

加美ゆーらんどでのキャンプの様子

今年はずっと天候が悪い日が続いたせいか利用者は少なめ。ただその分、気兼ね無く楽しめました!

なんとラッキー貸切状態!

今回自分が利用したのは川沿いにあるCサイト。

この日は夏休みが終わった後だったからか、なんと貸切で利用出来ました!

日も短くなった初秋の頃。天気も悪かったので宴も早々に幕内に篭ってゆっくり夜を満喫。

川の流れる音と雨音で癒されました〜。

加美ゆーらんどの良かった点

あいにくの雨でびしょ濡れになりながらでしたが、とても良いキャンプ場でしたよ!

サイトによって景色が違って楽しめる!

紹介して来たように、同じキャンプ場だと思えないくらいに表情が違う3種類のサイトがあるのは加美ゆーらんどの魅力の1つ!

木々に囲まれたAサイト

安心して過ごせるBサイト

涼しげなCサイト

口コミではAサイトが1番人気のようでしたが、どこを選んでも良いと思いますよ〜!

22時までは外灯が照らしてくれます

22時から〜翌日7時まではクワイエットタイム。

それまでは敷地内の外灯が点いているので安心出来ます。

写真だと明るく写ってますが、キャンプの雰囲気を損ねない感じの控え目な照明なので、早めに就寝したい方でも大丈夫です。

温泉入り放題!当日なら何度でも入浴可能!

なんとありがたいことに、ここは当日であれば温泉入り放題!

寝る前に1回入れば充分と思っていましたが、雨の中で濡れながら設営した後の温泉は格別でした!

16時以降は夜間料金で200円引きの400円!

もちろん就寝前にもう1度入浴。湯冷めしないウチにテントに籠ってぬくぬくさせてもらいました。

加美ゆーらんどキャンプ場の注意点

かなり充実したキャンプ場ですが気を付けたい点を少し。

チェックインはちょっと遅めの14時から!

キャンプ場を利用する場合のチェックインは14時〜、チェックアウトは翌日11時までとちょっと短い印象。日が短くなってくる夏の終わりは、14時に着いて設営開始となるとあっという間に夕方〜夕飯の時間に。

許可証の裏に注意書きがあります

混雑対策などもあるのかもしれませんが、あと1時間早めのチェックインだと嬉しいなぁと思いました。

雨天時のCサイトはちょっと危険!天候には注意しよう

夜に少し雨足が強くなって来たなぁと思いながら就寝しましたが、朝5時に川の爆音で目が覚めて焦りました。

茶色濁流が目の前に…!

到着した時は雨が川の底が見えるくらいに澄んでいたのに…。

足を洗うキャンプ仲間

夜間の雨でかなり増水して、流れも勢いを増していました。

恐怖を感じた朝

幸い、雨が止んでたおかげでこれ以上にはならずに済みましたが、もっと雨が降っていたらと考えると怖かった。

ちなみに他のサイトに空きがあれば当日の移動も可能なようなので、心配な方は受付で相談してみて下さいね(これは安心!)

お洒落だけど雨の日は滑る歩道

キャンプ場内にある木で出来た通路はとてもオシャレなんですが、雨で濡れているとめちゃくちゃ滑ります。

平らな地面でもツルリと滑って危うく転びそうになってヒヤリ。

ドッグランはあるけど、ペットとのキャンプは不可!

これでもかと走り回れるくらいの広大なドッグランがありましたが、ペットと一緒にキャンプ場の利用は出来ません。

最近はペットと一緒にキャンプをしている方もよく見かけるので、注意ポイントとして挙げさせてもらいました!

たびのCAMPING BASE加美ゆーらんどに行ってみて

あいにくの雨模様でのキャンプになってしまいましたが、加美ゆーらんどはサイトによって景色が違って何度でも楽しめるキャンプ場だと思いました!

自然に囲まれつつも外灯や温泉などが近くにあり、初心者やファミリーでもキャンプの雰囲気を安心して存分に楽しめる場所です。

チェックインが少し遅めなのが気になりましたが、温泉に入り放題なので早めに行って寛ぎながら待っていればよかったのでは?と帰ってから思いました(笑)

11月下旬で今シーズンの営業が終了してしまうので、気になる方は早めにチェックしてみて下さい!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 説明くん
  • 説明くん
  • キャンプ歴7年ながら年間数回の未だに初心者キャンパー。日々のストレス発散の為、今年からはなんとしても年間10泊以上が目標。キャンプもしつつ車中泊も楽しむ30代です。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂