岩本利達
2024年の車中泊は三重がアツい!日本最大級の施設やジビエが楽しめるRVパークがOPEN

2024年の車中泊は三重がアツい!日本最大級の施設やジビエが楽しめるRVパークがOPEN

2023年末に400施設を突破し、留まるところを知らない「RVパーク」の増加。トイレやごみの処理など、日本RV協会が一定の基準を満たした施設を認定する事でRVパークを名乗れるようになり、そこではユーザーが安心して車中泊を楽しむことが出来る。

2024年1月の最新情報によると、新たに登録された6施設の内、2施設が三重県にある。1つは日本最大級のRVパークとなる、複合施設を備えた多気町の「RVパーク VISON」。もう一つが、新名神の鈴鹿スマートPAから車で3分の「RVパーク 猿田彦BASE」。どちらも特徴的で面白いRVパークに仕上がっている。

お買い物も、温浴施設も楽しめる「RVパーク VISON」

rvp202401 (2)

VISONは三重県多気町にある複合施設で、開業当初で敷地面積119ヘクタールを誇る。敷地内はいくつかのエリアに分かれており、マルシェの様に店舗が立ち並んだエリアや、スウィーツや美味しいコーヒーを楽しめるエリア、農園やホテル、温浴施設も備えている。

ここに新たに出来た「RVパーク VISON」は、RVパークとして日本で最も大きく、60サイトを用意。その内19サイトに至ってはプライベート空間を楽しめる仕切りが用意されたサイトとなっており、それぞれのスタイルに合った過ごし方が出来そう。

立地的には伊勢志摩や熊野に行きやすい上に、温浴施設「本草湯」も利用できるので、過ごしやすさは抜群。もちろんトイレは24時間利用可能で、電源、フリーWiFiも用意されてると至れり尽くせりな施設となっている。

所在地 〒519-2170 三重県多気郡多気町ヴィソン672-1本草1
利用料金 3,000円~ / 1泊1区画につき
公式HP RVパーク VISON

焚火もOK!ジビエ料理店に併設する「RVパーク 猿田彦BASE」

rvp202401 (4)

一方こちらは国際サーキットで有名な三重県鈴鹿市にある「RVパーク 猿田彦BASE」。アウトドア体感型RVパークと銘打ってあるだけあり、焚火や薪割りも出来る。RVパークとキャンプ場とのハイブリッドと言った所だろう。

獣害と雇用不足を解決するジビエ専門バーベキュー場「猿田彦山肉工房」から卸したジビエ料理を日本最大級を誇るロングトレーラーハウスで堪能出来るというのも魅力的。

こちらも24時間利用できるトイレや電源、水道はもちろん、近隣には入浴施設があるとの事なので利便性が高い。

所在地 〒519-0316 三重県鈴鹿市小岐須町2455
利用料金 3,000円 / 1泊1台につき
公式HP RVパーク 猿田彦BASE

今年は三重で車中泊だ!

車中泊のイメージ

どんどん便利になる車中泊スポット「RVパーク」。車中泊が出来るキャンパーにとっては非常に頼りになる施設だ。今回のリリースでは特に三重県に気になるスポットが2つもあるが、元々三重県はアウトドアにピッタリのエリア。これを機に、三重県でレジャーを楽しんでみてはいかがだろうか。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • NCAJキャンプインストラクター/JACオートキャンプ指導者
    『子どもを育む場としての「キャンプ」こそ持続可能な社会の第一歩』をテーマに、環境意識やサバイバル知識を高めるために日夜活動。ガジェト/ギアマニアの視点から最新アウトドアニュースをお届けします。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂