2021年10月、三重 熊野エリアに2棟限定の「シーサイドテラス グランピングドーム熊野灘」がオープン!

2021年10月、三重 熊野エリアに2棟限定の「シーサイドテラス グランピングドーム熊野灘」がオープン!

世界遺産 熊野古道のまちで有名な三重県紀北町。その熊野灘臨海公園内に位置する「孫太郎オートキャンプ場」の敷地内に2021年10月【シーサイドテラス・グランピングドーム熊野灘】がオープン!2棟限定のドーム型テントで、海も山もどちらも満喫できるのが最大の魅力。大自然の中で年代問わず楽しめるアクティビティも充実している。日常を忘れ、ゆったりとした時間を過ごしに出かけよう。

【シーサイドテラス・グランピングドーム熊野灘】の魅力

抜群のロケーション

 

海

周囲を山や海に囲まれた、アウトドアを楽しむにはこれ以上ないロケーション。時間とともに変化する空や水面。夜には満天の星空が期待できる。古道散策や海水浴、冬は周辺の温泉など年間を通じて様々な体験ができる。海をぼーっと眺めながら、のんびりと過ごすのもまた良いだろう。

2棟限定の大型グランピングテント

sub10

独立型のテントは天井が高く室内も広々。落ち着いた雰囲気のインテリアで、ソファに座りながら大自然を眺められる好立地だ。コーヒーマシンやケトルも備え付けなので、自宅のようにリラックスできる。エアコン付きで季節を問わず快適な滞在を楽しめる。

食事スペース

デッキには食事スペースも。雨天でも楽しめるよう屋根やカーテンがついている。本格的なBBQグリルでアウトドア気分も満喫できる。

バストイレ

専用のトイレ・シャワールームがあり、他の宿泊者と共有することがないので、コロナ禍での宿泊も安心だ。独立洗面台もあり、すべてが清潔に保たれている。

タオル

アメニティも充実。タオルやシャンプー、パジャマなど、宿泊に必要なものはすべて揃っているのでアウトドアが初めての方でも安心。荷物を減らすことが出来るのも嬉しい。

厳選地元食材の豪華BBQ

sub13

紀北・熊野エリアの厳選食材を使った豪華BBQディナーも魅力だ。熊野牛ももステーキや地元野菜、さざえ、赤エビなど近海でとれた海鮮まで、自分たちで焼いて食べるのも楽しい。すでに下ごしらえ済みの状態で用意され、後片付けも不要。良いとこどりのBBQスタイルだ。

大人から子供まで楽しめるアクティビティ

体験

海で楽しむアクティビティ「まるごと海体験」や地元食材を使ったプリン&アイスクリーム手作り体験など、好みに合わせて選べるアクティビティが多数。ファミリーでも友人同士でも楽しめるぞ。

sub1

こちらはお皿にお絵かき体験。自分が書いたイラストがそのままお皿の絵柄となり、旅の思い出に最適。自分で作ったお皿で、子供たちの普段の食事も楽しくなりそうだ。

アクティビティ例

  • まるごと海体験
  • シーカヤック/サップ体験
  • 地元食材を使ったプリン&アイスクリーム手作り体験
  • 思い出グラス作り
  • お皿にお絵かき体験
  • らくがきランド

疲れを癒す日帰り温泉

sub2

グランピング施設から車で2分のところにある姉妹施設「ホテル季の座」で、割引価格で日帰り入浴ができる。アウトドアを楽しみつつ温泉でゆったり汗を流せるのはうれしい。露天風呂からは熊野の自然と波の音が楽しめる。天気がよければ夜には満天の星空を眺められる特典付きだ。

施設概要

施設名 シーサイドテラス グランピングドーム熊野灘
住所 〒519-3204 三重県北牟婁郡紀北町東長島3043-4
宿泊棟数 2棟
部屋タイプ ドーム型テント
定員 2名~4名
宿泊料金 20,000円~(税込 2名1室利用時/1名料金)
HP https://glamping-miekumano.com/

熊野の大自然を体感しよう

夕日

周囲を海、山に囲まれた「シーサイドテラス グランピングドーム熊野灘」。世界遺産熊野古道のあるまちで快適なアウトドア体験を楽しめる。山に沈む夕日や穏やかな海を眺めながら、日々の疲れを癒す特別な時間。気心知れた家族や友人と、穏やかな時間を過ごしに出かけよう。

紹介
ギア
X 閉じる
  • キャンプクエストNEWS速報
  • キャンプクエストNEWS速報キャンプクエストNEWS速報
  • 編集部が厳選したキャンプやアウトドアに関連するNEWSをお届けします。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂