キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

まるでテント…!?創業65年の縫製工場が「テント型フードカバー」を発売!

まるでテント…!?創業65年の縫製工場が「テント型フードカバー」を発売!
まるでテントのようなビジュアルが目を引くフードカバーがクラウドファンディングに登場!アウトドアでの食材や料理を、砂埃や虫から守ってくれる優れもの。見た目がテントに似ているだけではなく機能性もバツグン。これを持ってキャンプに行けば注目を浴びること間違いなし!

キャンプクエストNEWS速報

編集部が厳選したキャンプやアウトドアに関連するNEWSをお届けします。

    キャンパーも唸る、見た目のクオリティ…!

    sub2-1

    sub4-1

    この写真だけ見たら完全にテントそのもの!正面部分のファスナーは開閉可能で、開いておけばテントの入口を広げたような状態になる。また、裏面はメッシュ素材になっていて中が確認しやすくなっている。さらに開閉時に引っ張るコードはアウトドア専用のものを使用。

    色はグリーン、ピンク、ブルー、ベージュの4色から選べるので、それぞれのキャンプスタイルに合わせてコーディネートすることが出来るぞ!

    外で使う事を意識した細部までこだわった作り

    sub6-1

    sub7-1

    こちらのフードカバーにはテントさながらのスカートがついていて、下からの虫の侵入も防げるようになっている。取り外し可能な重りも2本セットになっているので、多少の風では飛ばされる心配もない。重りはスカートの中に収納できるぞ。

    sub11

    室内での使用ももちろん可能!子供やペットのいたずらも防げる。自宅内にいながらキャンプ気分を味わう事が出来るので、ホームパーティーや誕生会などでも盛り上がりそう!スキレットやアウトドア用の食器を使って料理を盛り付ければ、よりいっそう楽しめるかも!?

    誕生の背景

    sub1-1

    このフードカバーを制作した北次株式会社は、現在ではあまり使われなくなった蝿帳(写真左)を40年以上前から生産していた。しかし徐々に需要は落ち込み、現在では生産量が当時の3割程度となっている。この技術や商品を活かす方法はないかと頭を悩ませていたところ、キャンプが趣味の社員の発案で制作が決定!

    コロナ禍で売り上げが落ち込み、会社の生き残りを模索していた中でのアイデア。用途は同じでも、ちょっと見せ方を変えるだけで全く違ったオシャレな雰囲気に!

    製品概要

    sub18

    フードカバー本体

    寸法 本体を閉じたとき:45㎝×8㎝
    開いたとき:45cm×45㎝×27㎝
    重量 本体:160g
    組成 布部分:ナイロン
    骨部:ファイバー樹脂

    重り

    寸法 34㎝×3㎝ (2本入り)
    重量 100g×2本
    組成 中身:スチロール樹脂
    側:ナイロン

    収納ケース

    寸法 56㎝×12.5㎝
    重量 20g
    組成 ナイロン

    sub13

    同色の専用ケースがセットになっているので、持ち運びもコンパクトでラクラク!テントのロゴマークが目印。

    フードカバー販売元の北次株式会社について

    sub17

    今年で創業65年を迎える布雑貨専門の縫製工場。服飾雑貨から医療関連品まで、幅広い製品を手がけている。「こんなのがあったらいいな」という声に答えて入園グッズやエプロン、マスクなども手がけている。エプロンは2020年「大阪製ブランド」としても認定されている、確かな技術力を持った会社だ。

    どこで購入できる?

    sub3-1

    この商品、まだ一般発売されていない。2021年1月20日までクラウドファンディングサイト「Makuake」にて開発資金を募っており、支援者は商品を先行で手に入れられる!早割りやまとめ割などがあり、今ならお得にゲット出来るのでぜひチェックしてみよう!

    キャンプクエストNEWS速報

    編集部が厳選したキャンプやアウトドアに関連するNEWSをお届けします。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top