これはスゴイ!日本初上陸のタテ型ハンギングチェーン「UTTy(アーティ)」を紹介

これはスゴイ!日本初上陸のタテ型ハンギングチェーン「UTTy(アーティ)」を紹介

キャンプで使える便利なアイテムの一つ、ハンギングチェーン。ポールなどを使って2箇所に吊るす横型のものが主流だが、今回紹介するハンギングチェーンはなんとタテ型。

タテ型になることで狭いスペースでの設置が可能になり、最大34kgを誇る耐荷重によって、軽量ギアだけでなくバックパックや上着などあらゆるアイテムの吊り下げが可能になった。

クラウドファンディングMakuakeでは開始わずか1日で目標金額の800%を上回る支援を得ている、今注目のタテ型ハンギングチェーン「UTTy(アーティ)」を早速紹介していこう!

  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

従来のハンギングチェーンの弱点はタテ型が解決!

キャンプシーンでよく見られるハンギングチェーンは、ループにカラビナやS字フックを掛けることで細々したキャンプ道具を引っ掛けられる便利なアイテム。

クッカーやマグなど食器類は、洗った後に吊るして乾かすこともできる上に見た目もおしゃれ。

デイジーチェーンに吊られたシェラカップ

しかし、従来の横型ハンギングチェーンにはいくつかの弱点があった。

  • 吊るす場所が2箇所必要
  • 重さに弱く、1つのループに掛けられるのは2-3kgほどのものが多い
  • 1箇所に重いギアを吊るすとたるんでバランスが悪くなる
  • 幅を取るので、動線に設置すると邪魔になる

タテ型ハンギングチェーン「UTTy」は、そんな横型ハンギングチェーンの弱点が全て改善された画期的なアイテムだ。

UTTy_1

  • 吊るす場所は1箇所でOK
  • 重さに強く、対荷重は1フックで7.2kg、全体で34kg
  • 軽量ギアだけでなく中重量ギアにも耐えられる
  • 狭いスペースでも大量のギアを収納できる

タテ型ハンギングチェーン「UTTy」の使い方

UTTy_3

タテ型ハンギングチェーンUTTyは使い方も非常にシンプル。

まずはUTTyをどこかに吊るそう。キャンプ以外でも家の中やガレージ、ホテルなど、あたりを見渡して吊るす場所が1箇所あればOK。

  • アウトドアでは、木の枝やテントのポール、車のルーフラックなど
  • 旅行中はホテルクローゼットやその他の吊り下げられる場所に
  • 自宅では壁に取り付けられたフックなど

あとは道具をフックに掛けていくだけ。下から順番に掛けていくことが推奨されている。

UTTy_8

バックパックやクッカーはもちろん、ジャケットもキャップもタオルも掛けられる。濡れたものや置き場所に困るものも、なんでも掛けてみよう。

スポーツシーンや水場のアクティビティでも便利

UTTy_4

UTTyはサッカーやホッケーなど、スポーツアイテムの管理や、海や川といった水辺のアクティビティにも適している。

濡れた水着やタオル、ライフジャケット等、吊るしておくことで臭いや湿気がこもることを防ぎ、あらゆるギアを衛生的に管理できる。また、UTTy自体もフックを全て外せば洗濯機で洗うことが可能だ。

ギアストラップはカットして長さ調整できる

UTTy_7

ギアストラップの長さを短くしたいときは、ハサミで好きな長さにカットして使うこともできる。その際はライターで切り口を軽くあぶり、ヒートシール(熱によってフィルム同士を接着させること)をお忘れなく。

UTTy 製品仕様

製品名 UTTy
一般販売予定価格 6,600円(税込)
生産国 アメリカ
サイズ 長さ122cm
重量 153g
対荷重 34kg(1フックあたり7.2kg)
同梱内容 ギアストラップ、ダブルプロングフック 4個、収納袋

狭いスペースでもたっぷり収納。周りと差がつくハンギングチェーン

UTTy_6

普段見慣れているハンギングチェーンが、タテ型になることでここまで利便性が向上するとは驚きだ。

対荷重が34kgもあればかなりの量を掛けられるので、これまでハンギングチェーンに掛けようとは思わなかった大物も掛けられる。もはやこれからのハンギングチェーンは「タテ型」が当たり前になってくるかもしれない。

UTTyは2021年8月30日までクラウドファンディングMakuakeで応援購入が可能。一般価格よりお安く購入できるチャンスなので、気になる方は応援購入ページをチェックしよう!

紹介
ギア
X 閉じる
  • 乃木みお
  • 乃木みおキャンプクエストNEWS編集部
  • 2015年からキャンプを始めて、家族で関東近郊で穴場のキャンプ場を探すことが趣味。キャンプスタイルはミニマルかつ快適重視。よりアウトドアを極めていくため、登山やカヌーなどアウトドアスポーツにも挑戦中。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂