スタイリッシュ虫よけで夏の害虫をシャットアウト!火を使わないのでテント近くにも◎

スタイリッシュ虫よけで夏の害虫をシャットアウト!火を使わないのでテント近くにも◎

ファミリーキャンパーガチ勢の皆さんは、夏休みのファミリーキャンプに向けて着々と準備をしていることだろう。夏の時期、本当に頭を悩ませるのが虫対策。メジャーな対策法では、パワー森林香や蚊取り線香が挙げられるが、これらは火を使う事から子どもも危ないし、何かのはずみでテントに接触しようものならお通夜状態である。

そんな中、蚊やブヨから身を守る新たな対策として米国から来日した、屋外用途の空間虫よけ「Thermacell(サーマセル)」に、よりスタイリッシュな「Outdoor living」が追加された。ブタンガスカートリッジで虫よけ剤を拡散させるアウトドア用ブユ・虫シールドの特徴を見てみよう。

放置で最大4時間、ガスの持続は12時間

OL202206 (11)

この「アウトドア用ブユ・虫シールド Outdoor living」は肌に薬剤を付けない虫よけと謳っているあたり、ライバルは蚊取り線香ではなくて虫よけジェルやスプレーという立ち位置の様だ。本体に薬剤が入っているマットをセットし、ブタンガスを燃料として有効成分を拡散するという仕組みとなっている。

ガスの持続時間は12時間となるが、マットは4時間で有効成分が切れてしまうので、そのたびに取り換えが必要となる。パワー森林香が完全燃焼まで4~8時間という事を考えれば、まあこんなものだろう。

「プラレトリン」を加熱・揮散させて虫を近づけない

OL202206 (6)

上で触れた有効成分とは「プラレトリン」のこと。メーカーが発表している有効範囲では、ブヨに対しては直径1~2m、ユスリカに対しては直径4~5mとのことで、寛ぐスペースの中央に配置しておけばカバーが出来そう。

開発しているのはアメリカのサーマセル社と言う所で、虫よけ製品を20年以上に渡り販売し、世界31の地域で使用されているというから安心だ。ちなみに香料無配合の無臭タイプで、気になるニオイも無いというのは嬉しい。

見た目もオシャレでキャンプ向き

OL202206 (8)

最近はパワー森林香や蚊取り線香をセットできるオシャレな器具がいくつか登場しており、虫よけのギア一つにとってもデザインを気にするニーズが出来てきている。このOutdoor livingに関してもスタイリッシュな見た目とアウトドアライクなカラー展開で、見た目を気にするキャンパーにも受けが良さそう。

ランニングコストはやや気になるところ

OL202206 (3)

どれも参考小売価格だが、本体は各色5,280円となっており、12時間分の取り換えセットが1,650円、48時間分の取り換えセットが3,960円とランニングコストがやや高いのが少々ネックとなる。とはいえ虫から身を守ってくれるアイテムが、火を使わずに、さらに無臭というメリットは見逃せない所。

パワー森林香などと組み合わせてテント入口などに利用するなどすれば全体的なコストは下がる。我が家もぜひ導入してみたいアイテムだ。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂