キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

【茨城ツーリング】袋田の滝を目指して走った2泊3日の春ツーリング「キャンプ編」

袋田の滝
毎年、春夏秋にはツーリングに出ます。春と秋は1泊か2泊。夏はロングで5日間程。そんな1年間を、もう34年間繰り返しています。学生時代は夏になると北海道へ!2週間以上は旅してましたね。働いてからは、そんなことは出来なくなりましたけど。

2019の今年も春にはツーリングに出ました。2泊3日のツーリング。最初は信州に走りに行くつもりでした。当初の計画では次の通り。

初日 新潟からビーナスラインの麓まで走る
ビーナスライン麓の桜清水キャンプ場か宮下ヒルズでキャンプ
中日 ひたすら1日ビーナスラインを走る
キャンプ場に連泊
終日 帰宅

けれども出発予定日2日前にこの計画は頓挫してしまいました。無念。

佐久間禎訓

バイクに乗って34年。愛車は90年式のHarley Davidson 。齢29歳10万キロを超えました。なので、とうとうマシンを買い換え・・・。キャブモデルのTC88、FLSTCが新たな相棒です!youtubeにツーリングやキャンプ動画をあげています。宜しければご覧下さい。

旅の目的は袋田の滝&月待の滝ツーリングへ

最初に予定していたツーリングの断念理由は…。

スマホで毎日天気をチェックしていました。GW中は気温が上がり、嫌な予感もしていたのですが、予感的中…。

ツーリング予定日、長野県のキャンプ予定地の最低気温は0度予報。日中の気温も12~3度。これはツーリングどころじゃない!キャンプなんてとんでもない!

そこで信州を諦め、急遽、茨城方面へ予定変更。10数年ぶりに袋田の滝と月待の滝を見に行くこととなりました。一緒に行く連れは、どちらも行ったことはありません。私も月待の滝は初めて。

これでツーリングの目的は茨城県で滝三昧と決まりましたので、後は宿泊場所であるキャンプ場探しと2日目の動き方。茨城県からどう回るか…。連れは女性ですからあまり無茶もできません。

ツーリングルート紹介

/1228-route-from-niigata-to-daigo-machi-ibaraki
参考:GoogleMap

初日 新潟発、ひたすら下道で茨城県大子町へ
キャンプはグリーンヴィラ大子
中日 最初は袋田の滝へ、次に月待の滝
そこからは栃木県へ。ひたすら下道
キャンプは塩原グリーンビレッジ
終日 那須塩原を出て、田舎のコーナーを楽しみつつ帰宅
晩御飯準備が出来る時間迄に帰宅

旅の準備

出発は5月7日と決まりました。前々日まで信州行きに拘っていた為、5月6日にルート決め等1日で慌たゞしく完了!後は荷物準備です。キャンプ用具と着替え、入浴関連道具類だけ。簡単です。

持ち物紹介

着替え 下着、靴下類、タオル
雨 具 レインスーツ、レイングラブ
テント mont-bellモノポールシェルター
寝 具 寝袋、インナーシーツ、ウルトラライトコット、膝掛け
火気類 アルコールストーブ、シングルバーナー、ウッドストーブ、LEDランタン
刃 物 BUCKのウッズマン、TOPSのパニッシャーモデル(薪割り用)
調理具 スキレット、スキレット敷き、クッカー、コーヒー用具
その他 ツーリングテーブル、椅子、三分割焚き火台、テーブルタップ、鷹の爪、ニンニク、オリーブオイル

出発

私も連れも、気軽な一人暮らしではありません。家の様々なことをしてからの出発。ですから、旅立ちは10:00となりました。ルートは、新潟から福島へ。猪苗代湖手前迄R49使用。猪苗代湖手前から3桁国道を使い、福島をすすみます。

まずは「道の駅あいづ湯川・会津坂下」でお昼を

/1228-road-station-aizu-yukawa

2019年は春が早く5月にかなり気温上昇でした。GW中は暑いくらいで、これは夏場どうなるのと心配しました。しかしGWが終わると気温が下がり、5月7日は寒いほど…。辛い。

猪苗代手前の「道の駅あいづ湯川・会津坂下」でお昼です。

/1228-ramen

寒い時はラーメン!ラーメン専門店を探す元気はありません。寒くて凍えて…。

こういう時は無理せず国道沿いにある道の駅に逃げ込みます

一気に茨城へ

R49→R121→R289→R294と下道を走り、茨城県入り。

気温が全く上がらない為、この日はひたすら真面目に走るだけ。お昼を食べてからキャンプ場まで、休憩は一度でした。大子町は、福島からだと県境近く。ちょっと素敵な渓谷沿いを走り、町中へ。キャンプ場はメジャーな所でして、すぐに看板も出て来ます。でも、キャンプ場に入る前に買い物しなきゃなりません。

特段この日はトラブルも何なく、予定通りに走りました。ただし兎に角寒かった!数日前迄の暑さなんて何処へやら…。ひたすら寒い。実はこの時既に、ドームテントを選択しなかったことを、後悔し始めていたのでした…。

買い物は近くの大型スーパーTAIRAYA大子店で

/1228-tairaya

買い物は、1番近くの大型スーパーで!スーパー探しがキャンプ場探しより手間取りました。

着いて仕舞えば、キャンプ場とスーパー、15分も離れていません。夕食の材料、肉類そして野菜類、野菜は大事です。翌朝の朝食も考えて、材料購入。お酒も忘れずに、です。BEERは、温泉後に冷えた奴を買いますが、長い夜を過ごす強目のアルコールは、ここで購入なのです。

グリンヴィラ大子キャンプ場に到着

/1228-greenvilacamp

所在地は「〒319-3552茨城県久慈郡大子町矢田15-1」です。下調べはネットで行っていましたが、驚きました!凄いキャンプ場です!

因みにGW直後のこの日、他のキャンパーは2家族のみ。ですから、子供の喧騒に悩むこともありませんでした。そりゃ少しはありましたけど。恐らくGW中は、とてつもないことになっていたでしょうね、ここならば、きっと満員状態!

オートキャンプ場グリンヴィラは驚きの充実ぶり

ゲートを通り受付へ。敷地に入り、まずは広大さに驚かされました!広い。素晴らしく広い!福島のフォレストパーク安達太良と良い勝負です、広大さは。

受付をするカウンターの横には、ユニフレームの商品が並んでいます。ユニフレームと提携しているのですね、此方は。GWが終わったばかりで、さぞや連休中は、混雑した筈です。実は敷地内に温泉施設が有りますが、この日はお休みでした。

サイトはフリーサイトも有りますが、電源が欲しい為に個別サイトを使います。因みにここは、コテージも、キャンピングトレーラーも有ります。安達太良によく似ていますね。

フリーサイトは木々に囲まれ、芝生も良く手入れされています。無論トイレは水洗で、炊事場では、お湯まで出ます。至れり尽くせりなキャンプ場です、ここは。施設の充実ぶりに、またまた驚かされました!

まずはシェルター設営

/1228-mont-bell-tent

サイトに着いたら即設営!5月は日暮れも早いです。サクサクとシェルターを建て、コットを組み立て、椅子を組み立て、火気類とテーブルをセットします。

それが出来たら先ずは入浴!日暮れ前には戻りたい、でも湯だって堪能したい。折角の温泉です。harleyにタンデムで出掛けました。

設営後は近くの立寄り温泉「森林の温泉」へ

/1228-forest-hot-spring

温泉施設はバイクで5分程の場所に、立寄り温泉があります。露天風呂もサウナもしっかり堪能して来ました。冷えたBEERを買うのは忘れません!

公式WEBサイト:森林の温泉

夜の楽しみ方~晩御飯~

温泉から戻れば、後は夕餉の宴!先ずは乾杯。湯上りに冷たいBEERは格別です。体に染み渡る〜!やめられませんね。こればっかりは。

キャンプでの夕ご飯は、一気に作らず、ゆっくり酒を交わしつつ、一品づつ作るのが、私のスタイル。

この日のメニューは、野菜たっぷりキノコの炒め物、ステーキ、春巻き、主食は食パン。

まずは野菜とキノコの炒め物から。

/1228-stir-fried-vegetables-and-mushrooms

次はメインのステーキです。

/1228-main-steak

焼いている時から、芳しい香りが、胃を刺激してきます!焼き上げたら、即頂きます!

間にパンを焼きつつ、最後は春巻き。

/1228-harumaki

寒さ対策の三分割焚き火台、そしてウッドストーブ大活躍!

/1228-three-split-firebed-for-measures-against-cold

薪は、大型ナイフで薪割りします。

/1228-splitting-with-a-large-knife

キャンプは必ずトラブル有り

オートバイでの旅では、必ず何かトラブルに見舞われますね。何一つ問題が起きず、予定通りそのまま終わる旅は、少ないですよ。本当に。今回もしっかりありました。まぁ今回のトラブルは、こちらのミスからですね。

時間帯が前後します。翌朝のお話です。キャンプ場の撤収も完了し、ゴミも全て片付け、来た時よりも美しく!オートバイへの積載も完了。朝早くから動いてましたから、サクサク物事は進みます。

受付でチェックアウトし、さぁいよいよ滝観光へと走り出したその瞬間!オートバイ右側のサイドボックスの蓋が宙を舞いました!しかも、運悪く反対車線へ!しかもそこへ運悪く対向車が…。

蓋は車に数メートル引き摺られ、見るも無残なお姿に…。

全体に大きな亀裂、数カ所に穴が空き、箱と重なり合う部分は大きく欠損!何とか形は留めて居ますが、酷いことに…。

帰宅後、FRP補修剤をネットで購入!即修理に及びました。塗装も入れて2日間で補修。見た目は悪いけど頑強にはなりました。蓋のロックが甘いまま走り出したのが、原因です。

そして、それ以上のトラブルは…。

朝は寒くて

嫌~な予感は、日中からしてました!走っている時既に寒い、冷える、凍える!頭の中では、「ドームテントにしておきゃ良かったかなぁ」と。

ですけれど、好きじゃないのです、ダブルウォールの快適ドームテントは!

シングルウォール、フロアレス、隙間風も入り込むモノポールシェルターで過ごす夜が、より以上にアウトドア!こりゃもう性分です。

マットよりコットが、寝やすい。靴を脱がずに過ごせる。そんな利点は有りますが。それ以上に性分です。

しかし、冷え込みました、この夜は!

バイクに霜!

/1228-bike-frost

寝袋+インナーシーツ+膝掛け…、それでも激しい冷え込みと、フロアレス故の隙間風…。眠れません!5月に甘えていました。湯たんぽ、持参すれば良かった。膝掛けはデカイやつにしておけば良かった。10月キャンプの装備で来るべきでした!大失敗。

どれ程悔もうと、既に手遅れ。夜は2時間おきに目が覚めました。寒さで。寝ていられないのです!疲れ、アルコール、それらが程よく作用して、眠りに落ちます。熟睡します、確かに。けれども寒さで目が冷める。この繰り返し…。

テント選択を間違えましたね、完全に。

結局5時には起き出していました。鳥も囀り出してきたし、陽も出てきたし、何より寒くて堪らない!起きてコーヒーでも飲んでいたほうがマシです。

寝袋から抜け出し、外に出て、確かに清々しい朝でしたよ!ふとバイクを見ると。シートやタンクにつけていたバッグは、霜が降りていました。冷えた訳です!

よくぞ生きてた、俺。

朝のご飯は

まずは起きがけのコーヒーを飲んで。冷えた体を温めます。皮肉なことに、昨日とは異なり、日差しと共に気温が上昇。寒さは残りますが、昨日のような肌を切るような冷たさはありません。これならば今日は走りやすくなるかなと期待しつつ、朝ごはんの準備です。

/1228-morning-coffee-time

朝食は、サラダ、トースト、炒めたウィンナーで済ませます。

さぁ、滝見物へ

この日の目的は、10数年ぶりとなると袋田の滝再訪、そして初見となる月待の滝。そのお話は、翌日公開の「滝巡り編」にて。2つとも、良い滝でしたよ!是非一度ご覧あれ。

【茨城ツーリング】袋田の滝を目指して走った2泊3日の春ツーリング「滝巡り編」

佐久間禎訓

バイクに乗って34年。愛車は90年式のHarley Davidson 。齢29歳10万キロを超えました。なので、とうとうマシンを買い換え・・・。キャブモデルのTC88、FLSTCが新たな相棒です!youtubeにツーリングやキャンプ動画をあげています。宜しければご覧下さい。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top