大人数でのキャンプ料理が盛り上がる!一度に20枚のステーキを焼ける巨大焚き火台が登場

大人数でのキャンプ料理が盛り上がる!一度に20枚のステーキを焼ける巨大焚き火台が登場

キャンプブームも定着してきた今日この頃、キャンプの醍醐味の一つである「焚き火」には欠かせない焚き火台は様々な進化を遂げてきた。A4サイズにまとまるものや、二次燃焼で効率よく燃やせるものなど、目的や用途に合わせて特化してきたものが増えている。

そんな中で登場したのが、日工株式会社の手掛けるアウトドアブランド日本鉄具製作の「大人数の調理」に特化した焚き火台「ファイヤーサークル」だ。一度に20枚ものステーキを同時に焼けるとあってその迫力は半端ない。

焚き火とバーベキューが同時に楽しめる

ファイヤーサークル (4)

中央のやぐらの様な五徳と、それを取り巻くように配置された鉄板から分かるように、ただの焚き火台とは一線を画す巨大さが持ち味のファイヤーサークル。おそらく10人に対応しているLサイズのモノだが、最大で20枚のステーキを一度に焼けるとのこと。

ちなみに五徳の上にダッチオーブンやスキレットを置けば煮込み料理も同時に可能。バーベキューをしながらカレーを作ることだって出来てしまうのである。

個人使いからキャンプ場施設まで対応

ファイヤーサークル (6)

サイズ展開は直径450mmのSサイズ、直径600mmのMサイズ、直径800mmのLサイズの3種類。Sサイズであれば4人以下が使用人数の目安となっており、Lサイズは前述した通り10人向け。Mサイズについては特に人数が公開されていないが、寸法的には6人程度が適当だろう。

調理用の鉄板以外はステンレスとなっており、メンテナンス性も良い。ただし金額は121,000円からとなっており、重量もSサイズですら24.5kgと重量級。頻繁に使用する目途が立っている方、グループキャンプ主催者、キャンプ場運営者であれば検討の余地があるだろう。

製造はすべて「メイドイン明石」

ファイヤーサークル (3)

お値段が張るのにはきちんと理由がある。日本鉄具製作のギアは明石市にある日工株式会社の本社工場にて、曲げや研磨と言った部品をイチから製造しており、そのクオリティは兵庫県の認定制度「五つ星ひょうご」にも認定されているほど。

ちなみに火床になっているボウル部分は、プラント設備に使用されるような「鏡板」が流用されているとのこと。鏡板とは工場でよく見る円柱のタンクの端にあたる曲線部分で、可燃性の高いガスを取り扱う事もある。そういった意味でも安全性については最大限に配慮されているハズなので、焚き火をしていても安心だろう。

グループキャンプが確実に盛り上がる!

ファイヤーサークル (5)

これほどのサイズの焚き火台が市販されているケースはそう多くなく、効率も良いし雰囲気も良いのでグループキャンプが盛り上がるのは間違いない。組み立て・分解についても工具の必要は無いし、パーツごとに分ければ持てないほど重いものでもないので持ち運びも可能。

金額を見て面食らってしまうかもしれないが、クオリティと材質を考えればコストパフォーマンスは高いのかも。ちょっとでも気になった方は公式サイトから詳細をチェックしてみて欲しい。

紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂