キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

圧巻のレイクビューに急げ!美幌峠ドライブで絶景&グルメを大満喫

美幌峠から屈斜路湖
北海道の中でも道東は、数多くの湖が点在している地域です。湖畔でのキャンプはもちろん、釣りなどのアクティビティも楽しめますが、絶景スポットから眺める湖の景観も最高!

特に網走群にある美幌(びほろ)峠には、麓にある屈斜路湖など北海道の雄大さを感じるロケーションが揃っています。

我が家でも美幌峠は別格のドライブスポット。むしろ美幌峠を目指してドライブへ出発します。壮大な景観はもちろんですが、グルメも充実しているのでランチがてらお出掛けなんてことも。何故そこまで美幌峠に惚れこむのか、私の目で見た美幌峠の魅力を紹介します。

zucco

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

美幌峠のおすすめ絶景スポット

転勤族である我が家は、道東へ越してきてから自然を体感すべく様々な地へ車を走らせています。その中でも、自宅から1時間程の距離にある美幌峠は、我が家で高いリピート率を誇るおすすめスポット。

何の気なしに立ち寄った美幌峠に、まさかここまで心奪われるとは予想だにしていませんでした・・・。

壮大なレイクビューはもちろんですが、峠だからこそ目にできる大パノラマがとにかく最高!旅の休憩地としても、そして目的地としてドライブするのにも、美幌峠は恰好のスポットです。

屈斜路湖を一望

853-kussyaroko

美幌峠から見下ろす屈斜路湖(くっしゃろこ)は、別格の景観です。日本最大のカルデラ湖というだけあって、スケールも段違い!湖に浮かぶ中島も、日本で最大級の規模を誇っています。

実物を目にするとあまりに圧倒的で、しばらく見惚れるほどです。

そして峠に登ったからなのか、普段より雲が近く感じられるのも非日常的。人工物の無い圧倒的な自然美は、心を浄化してくれますね。

曇天に当たる日も多いですが、快晴時には爽快なブルーの湖を目にできます。個人的には、雲の中に晴れ間が垣間見える神秘的な雰囲気もおすすめです。

山々が奏でる壮観

853-bihorotouge

どこを見ても緑と青しかない風景は、美幌峠ならでは!

美幌峠からは、屈斜路湖ももちろんですが周囲を見回すと鮮やかな緑が目に飛び込んできます。周囲には森林だけではなく、熊笹が生い茂っているので、一般的な山のイメージとは少し違うかもしれません。単調な緑ではなく、黄緑や深緑など色合いの変化も楽しめます。

そして天気が良ければ、知床連峰も臨めるという豪華さ。峠を中心に取り囲むパノラマは、北海道の壮大さを五感で堪能できます。

湖オンリーであれば他の地域にも存在しますが、山と湖のコントラストを1度で目にできるスポットはなかなか無いだろう!と、何故か得意気な気分の私。何よりこの景色を無料で見られるとは、主婦心をくすぐられます。

整備された遊歩道

853-bihorotouge-yuhodo

絶景を目にするには、車で美幌峠の頂上に到着後、更に遊歩道を歩かなければなりません。ただ峠の遊歩道といっても、めちゃくちゃキレイに整備されているので心配は不要です。

距離はそれなりにありますが、緩やかな階段をゆっくり歩いても10分程度。我が家の次男坊も、ラムネでエネルギーチャージしながら自分の脚で登り切れました。

ただし周囲に山と湖しかないため、かなり風が強いです。ピューピューと鳴る風切り音も楽しめますが、確実に帽子は吹っ飛ばされます。そして肌寒い。

真夏日に美幌峠へレッツゴー!となっても、上着の準備は忘れずにお願いします。

グルメは道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」

美幌峠に足を運ぶ理由は、美しい景色だけではありません。なんと峠の頂上には道の駅が併設されており、これがなかなか“イイ感じ”なのです。

広さや設備は至って普通といった感じですが、食堂には北海道民でもホッとする味が揃っています。道の駅で腹ごしらえをし、遊歩道へ向かうのが私のお決まりコースです。

北海道グルメがたっぷり

853-guruttopanoramabihorotouge-restaurant

峠の道の駅だからといって侮るなかれ。グルメにも力が入っています。

店内に入るとすぐ左手に現れる昔ながらの食堂には、北海道グルメがどどんと並んでいます。カニ、イクラ、ホタテ・・・写真を見ると豪華絢爛!私はというと、大体いつも醤油ラーメンを注文します。どこか懐かしいラーメンで、行くと必ず食べたくなる味。周囲の方は、ホタテラーメンやカレーを食している方が多い印象です。

食券スタイルの食堂なので、子供と気軽に利用できるのも嬉しいポイント。食堂といえばお馴染みである優しいおばちゃんが調理にあたり、子供用に小皿を準備してくれるなど心遣いも満点。そして夏時期は、ツーリング途中に立ち寄ったバイカ―達の旅の休憩所として活躍しています。

おすすめは「揚げいも」

853-guruttopanoramabihorotouge

私の絶対に外せない道の駅グルメが「揚げいも」です。

食堂でラーメン1杯かきこんだ後でも、ペロリと完食できます。見るからに相当なボリュームですが、ちょっと塩気のあるじゃがいもを甘味のある衣が包み込み、何本でも食べれちゃうわ・・・となる1本です。

実は美幌峠だけではなく、他の峠でも販売されているこの揚げいも。北海道の峠グルメといえば、何故か揚げいもが有名です。私の個人的な好みですが、砂糖をまぶして食べるのがイチオシ。そのままでももちろん美味ですが、ちょっと甘目にデザート気分で頂けちゃいます。

ネーミング同様、味わいも至ってシンプルですが、何故かクセになる揚げいも。見かけたら、ぜひガツンとお試しください。

ここにしかない「熊笹ソフト」

853-sasazukasofuto

美幌峠ならではのグルメといえば「熊笹ソフト」。笹と聞いたイメージ通り、緑色のソフトクリームです。

ネーミングだけ見ると、結構身構えてしまいますが・・・全然美味しいじゃないか!熊もこの笹を食べてるのか~なんて考えながら食した味は、抹茶味のソフトクリームを少しホロ苦くした感じです。抹茶味の大人向けバージョンですね。

しかも熊笹は、何やら健康面にも期待できる食品として扱われているではありませんか。ソフトクリームの他にも、熊笹入りのあんパンやお茶なんかも販売されていました。せっかく美幌峠に来たのなら、1度は挑戦してほしいグルメです。

休憩は2階レストハウスで

853-guruttopanoramabihorotouge-2f

2階建てとなっている「ぐるっとパノラマ美幌峠」は、1階に食堂や売店、そして2階は自由に休憩できるレストハウスとなっています。

木製のベンチやテーブルが並んでおり、食事はもちろん一休みするのにも利用可能。トイレもしっかり設置されているので、旅の途中にも利用しやすいです。

ちなみに展望室も兼ねているので、雨の日でも窓からバッチリ屈斜路湖が臨めます。また2階から遊歩道へ出られるので、休憩した後にちょっと散歩なんてのも良いですね。

ぐるっとパノラマ美幌峠の基本情報

住所 網走郡美幌町字古梅
TEL 0152-75-0700
休館日 年末年始(12/31~1/3)
開館時間
4月下旬~10月 9:00~18:00
11月~4月下旬 9:00~17:00

道の駅公式 http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2502/

ザ・北海道を感じられる美幌峠

美幌峠は、雄大さと自然美を堪能できる北海道でも随一のスポットです。北海道の在住歴が長い私ですら、美幌峠からの景観には心を打たれました。

キャンプやアクティビティも最高ですが、北海道を感じたいのなら、美幌峠は欠かせないドライブスポットと断言できます。

 

父ちゃん、小坊主2人、私の4人家族。ファミリーキャンプビギナーとして、さまざまな地へ車を走らせています。

ライターバナー

ライター募集
ライター募集
back to top