東海のアウトドア情報ならこれ!新施設や最新アウトドア遊び情報を入手しよう

東海のアウトドア情報ならこれ!新施設や最新アウトドア遊び情報を入手しよう

夏休みも目前に迫った今日この頃、家族で楽しむレジャーの予定はお決まりだろうか。筆者の事で恐縮だが、愛知県に住んでいて本当に実感するのが「アウトドアレジャーの選択肢の多さ」だ。

新型コロナウイルスの影響もあり、アウトドア需要が高まっているおかげで様々な選択肢が増えた。元々山に海、川、高地から平地まで様々な地形のある東海地方はアウトドア王国。年々新しい情報が出てくるので、今回紹介する「東海アウトドアLOVEWalker2022」で今年のトレンドをチェックしておきたい。

オープン&リニューアルの施設を紹介!

tow202207 (2)

まず一番気になるのは直近でオープンしたキャンプ場やリニューアル施設達。「東海アウトドアLOVEWalker2022」からのコメントにもある通り、今このエリアはオープン&リニューアルラッシュの真っ只中。

具体的にどんな施設が掲載されているかは明かされていないが、日本一美しい星空が見られる阿智村のグランピング施設や、ご存知「アルペンアウトドアーズ」が手掛けるキャンプ場の情報などが載っていそうだ。その他にも「こんな所に出来たんだ」といった出会いも期待できる。

迷ったらコースをなぞる!最新アウトドア遊び10コース

tow202207 (3)

なまじっか東海地方にアウトドアスポットが多いせいか、どこにどうやって行こうか悩んでしまうという事もしばしばある。しかも行き慣れない場所だとびっくりするくらい道が狭かったり、謎の集落に案内されたりするので、前もって情報を入れておかないと家族はおろか自分まで不安になってくる。

そんなことにならないように、まずは手堅く編集部の考える「最新アウトドア遊び10コース」をなぞれば間違いない。上でも触れた最新のスポットを軸に、周辺のスポットを合わせてコースとしており、遊んで食べて寛げる内容になっている様だ。

身近なアウトドアスポットも

tow202207 (5)

いくら世間は夏休みと言っても、そんなにゆっくりアウトドアを楽しめない…という事情を抱えたお父さんお母さんもいるだろう。そんな方にぜひ見てもらいたいのが「思いたったらすぐ行ける!東海アウトドアスポットカタログ」だ。

最近は市街地にもBBQスポットが出来る事も増えてきたし、都市部の近郊でもフラっと出かけて自然を満喫できるコンテントもある。見どころポイントと共にコンテンツや施設情報が紹介されているので、余裕が出来た時に行けるよう頭にインプットしておこう。

東海地方のアウトドア好きは必携の一冊

tow202207 (4)

これ1冊あれば2022年時点でのアウトドアのトレンドが分かるし、何よりもお出かけをする際の手札が増えることによって、より豊かなお出かけプランを組み立てることが出来る。昨今ではネットでなんでも調べられる時代になってきているし、お出かけ情報のほとんどは無料でアクセスする事が出来る。

一方で紙の情報誌で偶然の出会いをするチャンスは少なくなってきているのは非常に悲しいもの。東海地方や近隣に住むアウトドア好きの方は、ぜひ「東海アウトドアLOVEWalker2022」を手に取ってもらい、今年のプランを妄想していただきたい。

定価 990円(本体900円+税)
発売日 2022年7月5日(火)
判形 A4判、100ページ
発売 株式会社KADOKAWA
発行 株式会社角川アスキー総合研究所
紹介
ギア
X 閉じる
  • 岩本利達
  • 岩本利達キャンプクエストNEWS編集部
  • コスパ至上主義の嫁とわんぱく息子の三人でキャンプを楽しむファミリーキャンパー。愛車のインプレッサWRX STIにイギリス製の大型テントやコスパ最強ギアをみっちり積み込んでドライブとキャンプを楽しむ。ショッピングセンターでアウトドアに関わる傍らで、農業やアウトドアからまちづくりにアプローチする活動も行う。オートキャンプインストラクター、くるまマイスター検定2級を保有。

記事についてのご意見やご要望、修正依頼、表示の不具合などございましたらお知らせください。返信が必要な場合はお問い合わせフォームからお願いします。




このライターが書いた他の記事

フォローミー

キャンプクエスト公式SNS
  • 日毎
  • 月間
  • 殿堂