キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

キャンプブームを再認識した10の出来事をまとめてみました

キャンプブームを再認識した10の出来事をまとめてみました
キャンプブームだと騒がれ始めたのは、個人的な感覚では多分2016年あたりからだったような気がします。2020年には「ソロキャンプ」が流行語になるなど、今やキャンプブームを感じない人はいないのではないでしょうか。日常の生活やキャンプ場でキャンプブームなんだなぁと再認識した10の出来事をまとめました。

ヨシダケン

キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

    キャンプシーンが使われたCMを観た時

    ここ数年、キャンプ場でロケをしたCMをやたらと見るようになりました。企業にとってはキャンプシーンの演出はイメージが良く、反響が大きいのかもしれませんね。少なくとも10社以上の企業がCMにキャンプシーンを採用しているのではないでしょうか。本当に頻繁にCMで見るので、さくっと調べてみました。

    味の素株式会社 | 餃子

    日清食品株式会社 | チキンラーメン

    KIRIN | 1番搾り

    KIRIN | 生茶

    川商フーズ株式会社 | ノザキのコンビーフ

    花王株式会社 | キュキュット

    日産自動車 | セレナ

    日産自動車 | エクストレイル

    トヨタ自動車 | ヴォクシー

    SUBARU | フォレスター

    スズキ株式会社 | スペーシアギア

    Google Play Music

    サンヨー食品株式会社 | サッポロ一番

    株式会社ライトオン

    アコム

    GMOクリック証券

    10社どころではなかったですね。車やビール、食べ物のCMは、確かに商品イメージとマッチしますよね。キャンプシーンがあるCMを見るたびにキャンプブームなんだなあと実感してしまいます。

    テレビ番組でキャンプ特集が増えた時

    テレビを見てると、バラエティ番組でやたらとキャンプ特集をやってますよね。今やキャンプ芸人なるジャンルもある位ですからね。特に2020年はコロナの影響で、3密にならないキャンプ場はロケをしやすい環境なんでしょうか。更にキャンプ特集が増えたような気がします。

    ニュースでも特集でキャンプが取り上げられることが多くなり、キャンプの話題をテレビで見る度にキャンプブームなんだなと実感します。密にならないということでキャンプ人気が更に高まった中、番組でキャンプシーンを見てしまうと、尚更キャンプをやりたくなりますよね。

    キャンプメーカーのステッカーを貼った車を見かけた時

    キャンプメーカーのステッカーを貼った車を見かけた時

    街中でキャンプメーカーやアウトドアに関連するステッカーを貼った車をよく見かけるようになりました。大昔に、浜崎あゆみのステッカーだったり、地方のFM局のステッカーを貼った車をよく見かけたものですが、ステッカーは流行が判るバロメーターなのではないでしょうか。

    キャンプメーカーのステッカーを貼った車をみるとキャンプブームなんだなと感じます。高速道路でキャンプステッカーを貼った車を見かけると高確率で積載がパンパンなので、キャンプ場に向かってるんだなと一発で分かって微笑ましいですよね。

    今まで予約が余裕だったキャンプ場で予約できなかった時

    今まで予約が余裕だったキャンプ場で予約できなかった時

    今まで予約が余裕だったキャンプ場も最近では全く予約が取れなくなりました。思い立ってキャンプをしたくなった時や、他のキャンプ場が満サイトで困った時に利用していた穴場のキャンプ場がいつの間にか人気のキャンプ場になり、何か月も前から予約をしないと予約できないなんてことはざらです。

    思い立ったらキャンプなんてことはここ最近ではかなり困難になり、キャンプブームなんだなと思ってしまいます。

    ふもとっぱらが完全予約制になった時

    ふもとっぱらが完全予約制になった時

    日本で一番有名なキャンプ場といえば、ふもとっぱらかもしれません。最近キャンプを始めた方はご存じないかもしれませんが、ふもとっぱらは2018年4月までは予約不要のキャンプ場でした。思い立ったらふらっと行けるキャンプ場の筆頭でもあり、満サイトになることなどあり得なかったふもとっぱら。予約制になった時はキャンパーの間で激震が走りました。

    このことをきっかけで本当にキャンプブームなんだと思い知らされたキャンパーは数知れません。今や土日は随分先まで予約でいっぱいのふもとっぱらは、気軽に行けるキャンプ場ではなくなってしまいました。

    冬なのにキャンプ場がいっぱいだった時

    冬なのにキャンプ場がいっぱいだった時

    ここ数年で冬にキャンプをされる方が爆発的に増えました。いつもなら予約が取れないキャンプ場も冬ならガラ空きなんてことは昔の話になりつつあります。寒い中、どこのキャンプ場も人で溢れかえっていてキャンプブームを感じます。

    ここまでくるとキャンプ場が空いているのは雨の日くらいしか無いのではないでしょうか。近い将来、雨キャンプがブームになる日も近いかもしれませんね。

    キャンプに興味がなかった友達が突然キャンプを始めた時

    キャンプに興味がなかった友達が突然キャンプを始めた時

    テレビの影響ってやはり絶大なんでしょうね。今までキャンプに興味がなかった友達が突然キャンプを始めるケースが増えてきました。SNSやネットメディアをはじめ、テレビでもCMやバラエティ番組であれだけ露出されていると、キャンプをやりたくなりますよね。

    ブームのお陰で今までキャンプに興味が無かった層も興味を持つようになるので盛り上がりますよね。実際にキャンプは楽しいですし、キャンプ人口が増えるのはとても喜ばしいことです。

    キャンプ用品の価格が高騰した時

    キャンプ用品の価格が高騰した時

    キャンプギアはここ数年で高騰し続けている印象です。以前と殆ど同じ内容のギアなのに、リニューアル、バージョンアップと称して、金額まで高くなったギアを沢山見てきました。

    昔買った時よりも定価が高くなったギアを見ると、この価格でも売れるんだなぁ、とキャンプブームを感じてしまいます。最近リリースされるギアやガレージブランドのギアも本当に強気の価格ですよね。それでも売れてしまうのがキャンプブームなんでしょうね。

    キャンプとは無縁の企業がキャンプギアを作り出したとき

    キャンプとは無縁の企業がキャンプギアを作り出したとき

    アウトドアとは無縁のメーカーや量販店が、オリジナルブランドを立ち上げてアウトドアギアを製作、販売するケースが増えてきましたよね。大手アパレルメーカーやディスカウントストア、ショップからカー用品の販売会社まで、新規参入でプライベートブランドを立ち上げています。

    コスパが最高な良質のギアも多く、ギアの選択肢が増えるのは嬉しいですよね。それだけアウトドアギアの需要が大きいということではないでしょうか。この先も新規参入するメーカーが増えていきそうですよね。

    フリマサイトでキャンプギアがあり得ない価格で取引されてた時

    フリマサイトでキャンプギアがあり得ない価格で取引されてた時

    オークションやフリマサイトを見るのが大好きなのですが、どのギアも高値で取引されていて驚かされます。以前から限定商品やビンテージギアは高値で取引されていましたが、今となっては一見ゴミなのか?とも思えるボロボロのギアや、どこでも手に入る販売中の現役ギアまでもが高値で取引されていています。

    キャンプギアはそんなに数が無いうえにサイクルが早いので、販売中止となった途端にあり得ない価格に跳ね上がりますよね。数量限定の人気商品となると、定価の倍以上で取引されるなんてことはザラです。

    フォレストヒル-キャンドルランタン

    有名な例をあげると、HIGHMOUNT(ハイマウント)フォレストヒル キャンドルランタンという、当時は何処にでも売っていて、定価も1500円程度のコスパ最高のランタンがあったのですが、諸事情で生産が出来なくなり、販売中止と分かった途端にフリマサイトで10,000円前後で取引きされるようになりました。定価の5倍でも飛ぶように売れる様子を見てキャンプブームを感じました。転売ヤーにとっては美味しい市場なのかもしれません。

    希望は「ブーム」から「定番」へ

    希望は「ブーム」から「定番」へ

    いかがでしたか?今は正にキャンプブーム到来といった感じではないでしょうか。メーカーやキャンプ場など、供給側にとっては「買い手市場」です。今はキャンプブームだと各メディアが取り上げていますが、このままブームで終わらないで定着して欲しいと願っているのは私だけでしょうか。「ブーム」から「定番」になってほしいですね。

    ヨシダケン

    キャンプ歴5年。美しい自然の中で美味しい食材と日本酒を楽しむ為に、キャンプ場を放浪しています。 最近はグルキャンのお誘いが増えてしまい、ただの宴会になりつつあるのが玉に瑕。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top