キャンプ情報満載のアウトドアニュースメディア!キャンプクエスト

コールマン最上位モデル「マスターシリーズ」がノウハウを凝縮した3製品を発売

アウドドアブランドとして知名度ナンバーワンと言っても過言では無いコールマンの最上位モデルとして位置づけられている「4シーズンコンセプト」をテーマとしたマスターシリーズ。2020年にテントラインナップを全面リニューアルしたが、今回の3製品はファニチャー用品の発表となる。それぞれの特徴などを紹介しよう。

キャンプクエストNEWS速報

編集部が厳選したキャンプやアウトドアに関連するNEWSをお届けします。

    デザインと機能性の両立が取れた「バタフライマルチシェルフ」

    マスターシリーズ既存製品の「バタフライテーブル」と同じ素材となるメラミン樹脂やグラスファイバーなど、軽量且つ強度のある天板を採用している。フレームはアルミニウムでここも軽さと持ち運びやすさの点で優れた特徴だろう。

    外観も高級感のある木目調デザインとフレームのシックな色合いで、アウトドア以外での用途としても使いやすそうだ。最上段の天板は横幅102cm、2段目は120cmとそれなりのサイズ感なので、幅広い用途として使用できる。

    更に3段目にメッシュ搭載で、洗った後の食器置き場として主に活躍してくれそうだ。後はアウトドア用品としては重要な組み立て、収納の点。バタフライマルチシェルフはアルミフレームを広げた後に天板をフレーム突起部4か所に差し込むだけで設置できる優れモノ。

    反対に取り外しは突起下のプッシュボタンを押しながら外すだけ。そしてアルミフレームを折りたたんで専用ケースにコンパクト収納可能。恐らく1度やれば組み立ても収納も5分程でできる終わる作業なはずだ。

    バタフライマルチシェルフのスペック

    使用サイズ 約120 x 44 x 82/51.5 cm
    天板 上 約102 x 42 x 1.5cm
    下 約120 x 36 x 1.5cm
    収納時サイズ 約127 x 48 x 16cm
    重量 約5.6Kg
    耐荷重 テーブル約60kg(上天板 約30kg/下天板 約30kg)、ネット/約10kg
    材質 天板/メラミン樹脂、ガラス(ガラスファイバー)、ポリプロピレン
    フレーム/アルミニウム
    メッシュネット/ポリ塩化ビニル
    付属品 キャリーケース
    価格 ¥24,800(税込)

    コスパ抜群で身動きがとりやすい「キャンバスローチェア」

    マスターシリーズのチェアとしては「3ウェイキャンバスデッキチェア」、「キャンバススリングチェア」があるが、恐らく機能性はこの2点の方が総合的には上だろう。ただ今回の「キャンバスローチェア」の良い点は、これら2つのチェアの材質、特徴を活かしつつ価格を抑えてコスパに優れたローチェアとして開発された事ではないだろうか。

    キャンバスローチェアは価格が9,980円(税込)に対し、「3ウェイキャンバスデッキチェア」、「キャンバススリングチェア」は共に15,000~16,000円程。「3ウェイキャンバスデッキチェア」の3段階で高さを調整できる部分や「キャンバススリングチェア」のハイバックレストなどに絶対的な拘りが無ければキャンバスローチェアを選んでいいかもしれない。

    もちろんローチェアというだけあって座面高31cmというマスターシリーズチェアでは最も低い高さなのだが、逆にこの低さが苦手なタイプの方には既存の2商品の方がオススメだ。ちなみにアームレストは無いので、身動きの取りやすさを取るか、よりリラックス重視でいくかでも選択肢は変わってくる。

    いずれにしてもローチェア感の高さが好きであれば、フレーム素材やコットン素材など、マスターシリーズのチェアとしての要素は共通しているので、コスパに優れたキャンバスローチェアとして選択するのはいいかもしれない。

    キャンバスローチェアのスペック

    使用サイズ 約 53 x 62 x 71.5cm
    収納時サイズ 約14 x 14 x 88cm
    座面幅 約49.5cm
    座面高 約31cm
    重量 約2.1Kg
    耐荷重 約80kg
    材質 表地/コットンフレーム/アルミニウム
    付属品 キャリーケース
    価格 ¥9,980(税込)

    驚異の寝心地「コンフォートインフレーターマットハイピーク/シングル」

    こちらも既存のマスターシリーズマット「コンフォートインフレーターマット」との比較にはなるが、名前の通りバルブを開くと自動的に空気が入るのは共通の構造となる。

    そして材質としては同じポリエステルとポリウレタンフォーム。表面のブラウン側は柔らかさ重視でカッティングフォームとストレッチ生地、裏側のレッドカラーはソリッドフォームと起毛生地でしっかり弾力のある寝心地。この辺りはそこまで大きな材質としての違いは無い。

    ただ既存のコンフォートインフレーターマットは厚さが6cmなのに対し、コンフォートインフレーターマットハイピーク/シングルは厚さが10cmとなっている。たった4cmの差だが、この違いだけで弾力性、寝心地はだいぶ違いは出るだろう。

    ちなみに縦幅は198cmで同一だが、横幅は68cmと、コンフォートインフレーターマットの63cmよりも5cm広くなってるようだ。価格は17,000円(税込)と、コンフォートインフレーターマットより6千円程高いが、店舗に実物があれば是非体感して検討してほしいマットである。

    コンフォートインフレーターマットハイピーク/シングルのスペック

    使用サイズ 約198 x 68 x 10(h)cm
    収納時サイズ 約φ21 x 72cm
    重量 2.7Kg
    材質 ポリエステル、ポリウレタンフォーム
    住所 価格
    住所 ¥17,000(税込)
    キャンプクエストNEWS速報

    編集部が厳選したキャンプやアウトドアに関連するNEWSをお届けします。

      ライターバナー

      ライター募集
      ライター募集
      back to top